ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

ロンドンオリンピック日本選手団と民主党
両者の比較で感じた“チーム力”の落差

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第145回】 2012年8月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 最近のテレビのニュースはロンドン五輪と国内政局が二本柱。もちろん視聴者の関心はオリンピックが政局を圧倒している。

 2つのニュースは、視聴者に全く正反対の印象を与え続けている。日本選手の大活躍による爽快感とどっちもどっちの与野党攻防のうっとうしさ。この落差はますます拡大するばかりだ。

個人より「チーム」で力を発揮
オリンピックで見せた日本の活躍

 今回のオリンピックで際立っているのは日本の“チーム力”。おそらく今年の流行語大賞になるだろう。

 実際、日本選手は、個人で競うよりチームで競うときに真価を発揮している。実力以上の成果を挙げていると言ってもよい。

 サッカーの決勝トーナメントは今たけなわだが、男女ともに日本チームはその典型だ。個人プレーよりチームプレーを優先していることが勝利につながっている。

 競泳の男女メドレーにも同じことを感じた。それぞれが実力以上の力を出し切ったことはレース後の歓び方を見ればよくわかる。

 “チーム力”は、良き指導者とメンバーの自発性が共に備わったときに倍増するのではないか。かつて野球のWBCの優勝のときもそう思われた。

 良き指導者は技術面に加えて尊敬できる人。連れていく指導者というより、ついていける指導者。競泳メドレーで活躍した北島、寺川両選手、サッカーの吉田(麻也)選手などは実質的にそんな役割を果たしたのだろう。どんなことでもそうだが、自発性は個人の力を最大限に発揮させるものだ。

 柔道など一部の競技では意外な不振に見舞われた。さまざまな理由が重なり合っているのだろうが、やはり“チーム力”に欠けるところがあったのではないか。その競技を支える組織や団体を再点検する必要もあろう。“銀”でも“銅”でも立派な成果なのになぜあれほど卑下しなければならないのか。選手たちが気の毒に思えてくる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧