ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
女性社員のトリセツ
【第7回】 2009年11月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
前川孝雄 [(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師]

「結婚・出産するかもしれないし…」5年後のキャリアも描けない女性部下をやる気にさせる方法

1
nextpage

短期スパンで考える女性部下
長期スパンで考える上司

 「会社で、5年後、10年後のキャリアプランを考えろってよく言われるんですけど、よくわからない……というのが、正直な気持ちです。

 何となく5年くらい経つとプロジェクトのリーダーを任されるようになっているんだろうなとは思うんですけど、5年後っていったら私、33歳なんですよ。結婚してるかもしれないじゃないですか。だったら、会社と業務委託契約を結んで在宅勤務っていう選択肢もあるし、旦那の稼ぎが良かったら専業主婦っていう手もあるのかなと。まあ、相手はまだいないんですけどね」

 こう笑いながら話してくれたのは、システム開発会社でSEとして働く、28歳の堅実キャリアさん。6年間でサブリーダーを任されるまでに成長した彼女ですが、開発スケジュールのきついプロジェクトが多く、毎月100時間近い残業は当たり前。周囲を見渡すと、女性社員は20代、30代の若手か、たとえ既婚者でも子どものいない女性ばかり。「仕事は楽しいけれど、結婚はしたい。でも、目いっぱい働けなくなった場合、この会社に自分の居場所があるのかどうか……」と、将来のキャリアプランがうまく思い描けないようでした。

 女性部下と、面談などで将来のキャリアプランについて話し合ったとき、彼女たちの口から似たような言葉を聞いた人もいるのではないでしょうか。

 「会社から、女性管理職を育てろと言われているのに、肝心の女性部下自身が結婚や出産までのキャリアプランしかもっていないんだから……。これだからオンナはダメなんだ」と苦々しく思っている上司もいるかもしれません。

 20代後半になって自分の強み、弱みが見えてくると、「30歳を過ぎたら営業マネージャーになりたい」「いまは営業だけど商品企画をやってみたい」といった具体的なキャリアイメージがわいてくることが多い男性部下とは、対照的といえるでしょう。

 これは、第2回でお話した主体性を生む反面、「私が、私が!」という強い自分軸を育ててしまう「締め切り意識」が関係しているようです。締め切り意識には、実はもうひとつの「功罪」があるのです。「女性という社会的に弱い立場や多少のストレスを乗り越え、絶対にやり遂げよう」というハングリー精神を養う一方で、「結婚・出産までにこのスキルを身につける」といった短期スパンでしか物事を考えられないという偏りを生んでしまうことです。

 先に登場したSEの堅実キャリアさんもそうですが、キャリアアップに意欲的なものの、結婚や出産といった不確定要素があるために、「その先」にある「管理職になり違うステージから仕事を俯瞰していく」「部署の枠を超えた大きなプロジェクトを手がける」「スペシャリストになって最先端の仕事を担う」というところまで、なかなか関心がいかないのです。

 リクルートが、首都圏の男女6500人に転職やキャリア開発などについて聞いた「ワーキングパーソン調査2006」にも、はっきりと女性社員のこうした傾向が表れています。25~29歳の女性で「5年後の明確なキャリアイメージをもっている」と答えたのはわずか1.8%。同世代の男性が9.1%ですから、実に5倍もの開きがあるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


前川孝雄 [(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師]

株式会社FeelWorks代表取締役、青山学院大学兼任講師。
1966年兵庫県明石市生まれ。大阪府立大学経済学部、早稲田大学ビジネススクール・マーケティング専攻卒業。株式会社リクルートで「リクナビ」「ケイコとマナブ」等の編集長を歴任後、多様な働く人の価値観に精通した知見を活かし、2008年に株式会社FeelWorks設立。コミュニケーション循環を良くすることで温かい絆を育み組織の体質を変えていく「コミュニケーション・サイクル理論」(CC理論)を構築。「絆」と「希望」作りによる人材育成というユニークなコンセプトで話題を集め、『上司力研修』『キャリアコンパス』『Feelリーダーシップ』など独自プログラム、人間味溢れる講師育成にも力を注ぎ、多くの企業で好評を博している。
その親しみやすい人柄にファンも多く、人を育て組織を活かす「上司力」提唱の第一人者として自ら年間100本超のセミナーもこなす傍ら、テレビコメンテーター、コラム連載などでも活躍中。現場視点のダイバーシティマネジメント、リーダーシップ開発、キャリア論に定評がある。
主な著書に『若手社員が化ける会議のしかけ』(青春出版社)、『女性社員のトリセツ』『上司力トレーニング』 (共にダイヤモンド社)、『勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい』(光文社)、『はじめての上司道』(アニモ出版)、『頭痛のタネは新入社員』(新潮社)、『組織「再起動」プログラム』(ビジネス社)など多数。2011年度から青山学院大学で「キャリアデザイン特別講座」の教鞭もとる。

ブログ 「前川孝雄の“はたらく論”」 http://ameblo.jp/feelworks-maekawa/
ツイッターアカウント @feelworks

 


女性社員のトリセツ

男性管理職にとって悩みのタネは女性社員。こんなに気遣っているのに、どこかしっくりこないのはなぜ? 女性社員の本音と上手なつき合い方を解説していく。

「女性社員のトリセツ」

⇒バックナンバー一覧