ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
女性社員のトリセツ
【第13回】 2010年1月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
前川孝雄 [(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師]

「私は絶対に間違ってない!」
上司をうんざりさせる自己チュー女性部下

1
nextpage

正論ばかり吐く女性部下にうんざりする上司
正論が通らないことにイラだつ女性部下

 「年度末、どのメンバーも仕事が立て込んでいてピリピリムードだったんです。そんなとき、40代の上司が、メンバーの中で1番若い20代の女性部下に『この書類の数字、合っているかどうかチェックしておいて』と頼んだら、彼女何て言ったと思います?」

 「うーん、想像もつかないな」
 
「『ムリムリ! 私は今、ほかの仕事で手一杯なんです!!』って言っちゃったんです」

 「それは……、まあ、本当に忙しかったんだろうけど、その言い方はマズいよね。上司も怒り心頭だったでしょ?」

 「それが、当の男性上司は、『キミはハッキリ物を言うなあ』なんて言って苦笑いしているだけ。結局、その仕事は私がやるハメになりました……」

 これは、大手メーカーの経理部に勤める30代女性から聞いた話です。多かれ少なかれ、みなさんの職場でも、こんな場面を目にしたことがあるのではないでしょうか。

 あるいは、こんなシーンはどうでしょうか。

 商品企画部が新商品のプロジェクトチームを立ち上げたとします。企画からホームページとの連動、プレスリリースの作成など、着々と形になっていき、あとは上層部の判断を待つばかり。ところが、その段階になって営業部が外部に発注して進めていた新商品と競合することが発覚し、上層部は営業部のほうの企画を採用するという決定を下しました。

 その結果、あとは発売を待つばかりという状態になってから、企画や仕様を一から再考するよう、上層部からお達しがありました。

 そこで上司が
 「『上』がそう決めたから」
とメンバーに伝えたところ、

 「せっかくあと一歩だったのに、なぜですか!?」
 「営業部のほうがあとから割り込んできたのに!」

と上司に詰め寄るのは……、そう、たいてい女性部下なのです。きっちり仕事をしたい『公私セパレート』さんや、自分軸の強い『天職ドリームさん』はそうなりがちです。

 どちらも、自分軸の強い女性が、「私のやり方が正しいのに、何でダメなの!?」と正論を吐き、不満を募らせてしまっているケースです。

 どうして、女性部下は正論ばかり吐き、「わかっちゃいるけど、会社ってところはそんなもんじゃない」と上司をうんざりさせてしまうのでしょうか。それには、2つの理由があるように感じます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


前川孝雄 [(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師]

株式会社FeelWorks代表取締役、青山学院大学兼任講師。
1966年兵庫県明石市生まれ。大阪府立大学経済学部、早稲田大学ビジネススクール・マーケティング専攻卒業。株式会社リクルートで「リクナビ」「ケイコとマナブ」等の編集長を歴任後、多様な働く人の価値観に精通した知見を活かし、2008年に株式会社FeelWorks設立。コミュニケーション循環を良くすることで温かい絆を育み組織の体質を変えていく「コミュニケーション・サイクル理論」(CC理論)を構築。「絆」と「希望」作りによる人材育成というユニークなコンセプトで話題を集め、『上司力研修』『キャリアコンパス』『Feelリーダーシップ』など独自プログラム、人間味溢れる講師育成にも力を注ぎ、多くの企業で好評を博している。
その親しみやすい人柄にファンも多く、人を育て組織を活かす「上司力」提唱の第一人者として自ら年間100本超のセミナーもこなす傍ら、テレビコメンテーター、コラム連載などでも活躍中。現場視点のダイバーシティマネジメント、リーダーシップ開発、キャリア論に定評がある。
主な著書に『若手社員が化ける会議のしかけ』(青春出版社)、『女性社員のトリセツ』『上司力トレーニング』 (共にダイヤモンド社)、『勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい』(光文社)、『はじめての上司道』(アニモ出版)、『頭痛のタネは新入社員』(新潮社)、『組織「再起動」プログラム』(ビジネス社)など多数。2011年度から青山学院大学で「キャリアデザイン特別講座」の教鞭もとる。

ブログ 「前川孝雄の“はたらく論”」 http://ameblo.jp/feelworks-maekawa/
ツイッターアカウント @feelworks

 


女性社員のトリセツ

男性管理職にとって悩みのタネは女性社員。こんなに気遣っているのに、どこかしっくりこないのはなぜ? 女性社員の本音と上手なつき合い方を解説していく。

「女性社員のトリセツ」

⇒バックナンバー一覧