ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

止まらないシャープの経営危機
鴻海グループが握った命運

週刊ダイヤモンド編集部
2012年8月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

家電大手のシャープの経営危機が、お盆休みの間に一気に噴出した。過去最悪の3900億円の最終赤字を計上した前期に続き、今期も主力事業の液晶テレビ「AQUOS」や太陽電池の赤字に歯止めがかからない。そして社運を賭けてつかみ取った“救世主”が取った行動とは──。

 たった1通の公告が、シャープの経営状態についての“不安の連鎖”に、火をつけてしまった。

 「シャープの株価が急変したため、2012年3月27日に合意した投資(1株550円で9.98%を取得し、シャープの筆頭株主になるという条件)を、鴻海グループは実行しなくてよいということで合意しました」(原文・台湾語)

 8月3日午後5時47分、金曜日。台湾証券取引所のインターネットサイトに、鴻海グループによる公告が突然掲載されると、またたく間に市場関係者らの間に不安の輪が広がった。

 「どういうことなんだ」。シャープ社内でも、うめき声が上がった。

 目下のところ、シャープはテレビ用の液晶パネルなど、主力事業の赤字に歯止めがかからない。前日に発表した13年3月期の第1四半期決算では、大幅に下方修正をして、通期で2500億円の最終赤字を見込むという、窮状をさらしたばかりだった。

 頼みの綱は、今年3月に助けを求めた台湾のEMS(電子機器受託製造サービス)世界最大手、鴻海グループだ。彼らとの業務提携こそ、シャープ復活の“切り札”として期待されていたのだ。

 鴻海グループは米アップルのiPhoneをはじめ、ソニーや任天堂など大手メーカーの商品を生産する巨大企業。シャープは技術を提供しつつ、コストや事業面で恩恵を受けられる、はずだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧