ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

日本企業の進出が加速する
メキシコで見た格差社会の実情

加藤 出 [東短リサーチ取締役]
2012年8月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 8月上旬にメキシコ市を訪れた。メキシコの他の地域では死者が多数発生する麻薬抗争が起きているが、メキシコ人の間ではメキシコ市は安全とみられていて、国内観光客は増加している。

 近年のメキシコ経済は堅調な成長を続けてきた。インフレ率は中央銀行の目標(3%)よりやや高いが、かつての高インフレ時代に比べれば安定している。財政のプライマリー収支は2008年まで黒字で、公的債務のGDP比は昨年末で34%と日本よりも健全だ。

 先進国の超低金利政策により、運用利回りを求めてメキシコの金融市場に先進国の投資家の資金が流入してくることもあって、金利は低下している。それが中間層の耐久消費財購入を容易にしており、消費は緩やかだが拡大している。

 とはいえ、メキシコは世界で指折りの所得格差社会でもある。市の西側にアルミのパネルで囲まれた窓のない巨大な建造物がある。米「フォーブス」誌の富豪ランキングで、ビル・ゲイツを抑え3年連続で世界1位(資産690億ドル)になったカルロス・スリム氏の美術館だ。昨春にオープンしたこの美術館の名称には、1999年に亡くなった夫人の名前が付けられている。ゴッホ、ダリなど6万6000点のコレクションの一部を無料で公開している。

 スリム氏は通信会社や銀行、スーパーマーケット、家具販売などのコングロマリットを経営している。8月6日の経済紙「EL ECONOMISTA」は、同氏のグループの第2四半期の利益が急増したことを1面トップで報じ、「スリムがまた儲かった」と書いていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤 出 [東短リサーチ取締役]

東短リサーチ取締役チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを 2001年まで兼務。2002年2月より現職。 2002年に米国ニューヨークの大和総研アメリカ、ライトソンICAP(Fedウォッチ・シンクタンク)にて客員研究員。マネーマーケットの現場の視点から各国の金融政策を分析している。2007~2008年度、東京理科大学経営学部非常勤講師。2009年度中央大学商学部兼任講師。著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「新東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年)、「メジャーリーグとだだちゃ豆で読み解く金融市場」(ダイヤモンド社、2004年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)。


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧