ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
どんどん儲かる「笑顔」のしくみ
【第1回】 2012年9月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
門川義彦 [株式会社笑顔アメニティ研究所 代表取締役]

オリンピック、メダルラッシュの鍵は
「笑顔」だった?
スポーツもビジネスも「笑顔でリラックス」がポイント

1
nextpage

自然な笑顔はリラックスをもたらし、スポーツでもビジネスでも良い結果に結びつく。笑顔研修ひと筋30年の「笑顔コンサルタント」が、形だけではない、ほんものの笑顔のつくり方を語る。

オリンピックで大活躍した人たちの輝く笑顔

 この夏は、オリンピック、高校野球などで、活躍した選手たちの笑顔がはじけていたと思いませんか? 僕はアパレル販売で「笑顔が売上げの決め手」と気づいてから笑顔ひと筋30年、教育研修の場で笑顔のしくみと技術を伝え続けてきましたが、新聞やテレビでこれほど多くの笑顔の場面、そして笑顔という言葉を見聞きしたことはなかったように思います。

 レスリング女子の吉田沙保里さんの「笑顔で終わりたかった」という言葉、競泳男子メドレーリレーチームの笑顔、サッカー女子の大儀見優季さんの好調さは「口角を上げなさい」という夫からのアドバイスがきっかけだったというエピソード、などなど……笑顔はなくてはならない基本になったのだな、と感慨深いものがあります。

 かつてスポーツは眦(まなじり)決して、必死に歯をくいしばり頑張るというものでした(オリンピックで不調だった柔道にはこの姿勢が残っていましたね)。

 自然な笑顔はリラックスをもたらし、心と体を解放するもの。それによって実力が発揮できると、今やスポーツの世界では科学的に証明されています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


門川義彦(かどかわ・よしひこ) [株式会社笑顔アメニティ研究所 代表取締役]

1952年生まれ。1974年、明治学院大学経済学部卒業、大手アパレル入社。店長、営業本部販売ディレクターなどを経て1989年に独立。世界初の笑顔コンサルタントとして、小売業、運輸業、製造業など7万人、700社以上に笑顔研修を行う。2009年~2011年、立教大学大学院ビジネスデザイン研究科ホスピタリティデザイン兼任講師。 著書に、『売上げがぐんぐん伸びる「笑顔」の法則』『「頭のいい人」より「感じのいい人」』(ともにダイヤモンド社)、『人とお金が集まる! 笑顔のつくり方』(PHP研究所)など。ビデオに『売上げを伸ばす門川式「笑顔のチカラ」』(日本経営合理化協会)などがある。

 


どんどん儲かる「笑顔」のしくみ

販売・サービスの現場で700社・7万人以上に笑顔研修、日本で唯一、「笑顔」で企業の業績を上げるコンサルタントが、お客様と幸せを分かち合うための笑顔のつくり方、さらに接客の最前線にいる人たちが笑顔になれる「しくみ」のつくり方を語る。

「どんどん儲かる「笑顔」のしくみ」

⇒バックナンバー一覧