ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

1日約150円の出費をムダにしない!
売り文句にひっかからない飲み物の選び方

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
【第8回】 2012年9月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

最も身体に良くて
お財布にも優しい飲み物とは

 サラリーマンがランチにかけられる金額が減っても、それとは別格扱いで削減されることなく、不動の位置を保っているのが「毎日の飲み物代」である。平日に毎日500ミリリットルのペットボトルを1本買い、約150円が使われると仮定すると、月3000円の出費。ランチに味の濃いものを食べたり、外食が多かったりすると、摂った塩分が多ければ多いだけ喉は渇き、人によっては毎日2本飲んで月6000円の出費だったりするかもしれない。

 そうでなくても、働く時間が長いと、仕事中だけで1リットルくらいの水分を摂る人も多いだろう。とはいえ、だからといってお弁当男子ならぬ、水筒男子をしている人は少ない。飲み物代を抑えたいと思ったら、1リットルで100円の紙パックのお茶を手に取るのが、一番経済的だが、紙パックでは一度開封した後の持ち歩きは困難で、1日中オフィスから出ないような人にしか勧められない。となると、身体にも良くて、経済的な飲み物は?と聞かれたら、やはり「水」なのだと思う。「おいしい」とか「リフレッシュした~」など、飲み物の“嗜好品”としての役割を果たすものではないが、毎日おすすめできるものの1位にあげるのはこれに尽きる。

 「味のついていないお水はあまり飲めない」という人も多く、実は私もこのタイプなのだが、例外なのはナチュラルミネラルウォーターと書かれた天然の炭酸水。ビールとは違うが、シュワシュワっとはじけるような喉越しが、なんとなく疲れを癒してくれるように感じる。実際、この炭酸は疲労感と関わる乳酸を排泄する手助けをしてくれるとも言われている。

 なかには、レモンやライム味のものもあるし、天然の発泡水は150円と普通のお値段だが、コンビニのプライベートブランドで売られている「炭酸水」などは80円以下で手に入る。こちらは、原材料を見ると水と二酸化炭素でできており、よくお酒を割るのに使うようなものだ。飲みやすさで言ったら天然炭酸水に軍配が上がるが、「お水に毎日100円以上出せない!」なんてときには人工的な炭酸水でもいいと思う。

コンビニでも買える身体に良い飲み物と
市販飲料の意外な落とし穴

 ちなみに、「身体に良い飲み物はなんですか?」と聞かれたとき、答えは2通りあると考えている。コンビニでは手に入らないが、極論を言えば、ごぼう茶のような、いかにも身体に良いものが含まれる飲み物。そして、もうひとつは、過度な糖分や脂肪分、添加物が含まれていないもの。つまり、身体への悪影響が考えられないもの、だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧