ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
小説じつは…経済研究所

じつは、経済学は金儲けの役に立たない!?―経済学と経営学はどう違う?

佐々木一寿 [グロービス出版局編集委員]
【第6回】 2012年9月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

麹町経済研究所のちょっと気の弱いヒラ研究員「末席(ませき)」が、上司や所長に叱咤激励されながらも、経済の現状や経済学について解き明かしていく新連載。第6回となる今回からは、わかっているようで、じつはいまいちわからない、経済学と経営学の違いに迫ります。(佐々木一寿)

 「この4月に、甥が大学に入るんだがね」

 そう顔をほころばせながら話をする嶋野は、そうとうの叔父馬鹿ぶりを感じさせるに十分なウキウキ感を漂わせている。

 「へぇー、それはおめでとうございます! 学部はどこなんですか?」

 末席はいかにも興味があるふうに聞いてはいるが、じつはそうでもない。

 「それが経済学部なのだよ」

 嶋野は「私の影響かもしれない」と言わんばかりの笑みを浮かべている。

 「お祝いはもうされたんですか?」

 末席は、手元のキーボードを叩きながら相槌をうっている。

 「いや、まだなんだ。入学祝に何がいいかを聞いたら、クルマがいいと言うんだよ」

 叔父としてはまんざらでもない、そんな表情をしているが、明らかに甥のお願いは求めすぎだな、と末席は思った。

 「ただ、クルマは事故が心配なので、どうしたらいいかなと思っていて」

 嶋野は甥の失望と身の危険とを秤にかけているようだ。ハムレットのように苦悩している。

 「クルマは環境に負荷がかかるからって、なにかほかのものにしてもらえばいいじゃないですか」

 末席は、嶋野を苦悩の淵から救うべく、もっともらしい理由を考えた。決して嶋野の甥がクルマのある豊かなキャンパスライフを堪能することを妬んでいるわけではないんだ、と自分に言い聞かせながら。

 「ただ、そうすると、こんどは『じゃあ、環境負荷のより小さいバイクでいい』と言われたらどうする、もっとリスクが高まる上に、断る理由も失ってしまう」

 交渉術の本の読みすぎなのか、相手の出方を即座にいろいろと想定するクセがついているようで、ウーンと唸っている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

佐々木一寿 [グロービス出版局編集委員]

横浜国立大学経済学部国際経済学科卒業。大手メディア複合グループの出版部門勤務、報道系編集デスクを経て、グロービス入社。現在は、同社出版局の編集委員として、書籍・教材をはじめとする各種著作の企画・構成・執筆を担当。主に「グロービスMBA」シリーズ、「グロービスの実感するMBA」シリーズ(ともにダイヤモンド社刊)、「グロービスMBA集中講座」シリーズ(PHP研究所刊)の編集・執筆に携わる。


小説じつは…経済研究所

麹町経済研究所のちょっと気の弱いヒラ研究員「末席(ませき)」が、上司や所長に叱咤激励されながらも、経済の現状や経済学について解き明かしていく。

「小説じつは…経済研究所」

⇒バックナンバー一覧