ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ボーダレスに生きる日本人起業家の 人生が動きだす、世界の眺めかた
【第5回】 2012年10月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
イーパーセル株式会社・代表取締役社長 北野譲治(きたの・じょうじ)

第5回:グーグルに勝利した男(3)
「あの時、この言葉に出会っていなければ」
僕の人生をつくった言葉

1
nextpage

特別掲載号のはしがき

 前回掲載号で僕のパートは終わるハズだった。

 でも、どうしても皆さんに伝えておきたいことがあった。

 世の中には「偉人」と呼ばれる人たちがいる。前々回(9月4日)と前回(9月18日)の記事にも書いたように、僕は自分の人生を支える「背骨」のようなものを、そうした方々の言葉を通して得てきた。どの言葉も、「あの時、出会っていなければ……」と思うと、空恐ろしさを覚えるような貴重なものばかりだ。

 「特例」として掲載する今回の記事では、僕が人生で出会った「最高の言葉」の数々を皆さんに伝えていきたい。人の出会いは一期一会だが、言葉との出会いもまたそうであると思うから。

さめることのない大きな「夢」を見たい

 夢はさめる。さめるから、夢なのかもしれない。

 どうせ見るなら、さめて後味の悪い夢よりも、もう一度見たいと思える夢のほうがいいに決まっている。更に願うなら、さめることのない大きな夢を見続けていたい。

 夢というと、儚(はかな)さをイメージしてしまう。

 芭蕉が詠った「夏草や……(注1)」、信長が好んで舞った「敦盛」の一節(注2)や秀吉の辞世の句(注3)より発せられる「夢」という言葉からは、それが強く伝わってくる。

(注1) 夏草や 兵(つわもの)どもが 夢の跡(あと)
(注2) 人間五十年、化天(げてん)のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
(注3) 露と落ち 露と消えにし わが身かな 難波(なにわ)のことも 夢のまた夢

 でも、仕事をする者が「僕には夢がある」と言う時の「夢」には、「儚さ」とは真逆の「揺るぎなさ」がなくてはならない。「こんな風になりたいなぁ」とか「こんなコトやりたいなぁ」ではなく、僕は、「こうありたい」もしくは「こうしたい」と明確に描くべきだ。

 僕が自分の夢をはっきり意識したのは、前回の記事に書いた通り、37歳の時だった。「〈イーパーセル〉の技術で世界を変える」、その夢を全力で追いかけることを決心した。そして、心をこめて打ち込むほどに、さめることのない大きな夢へと成長した。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



ボーダレスに生きる日本人起業家の 人生が動きだす、世界の眺めかた

国境にとらわれることなく自由に、ボーダレスに活躍する日本人起業家たちのメッセージを隔週でお届けします。世界をどう眺めれば、人生は面白くなるのか、毎日がワクワクするのか、大胆な人生を歩んできた方々にそれぞれの人生を振り返ってもらいながら、日本の若者に向けてメッセージを送っていただきます。

「ボーダレスに生きる日本人起業家の 人生が動きだす、世界の眺めかた」

⇒バックナンバー一覧