ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ボーダレスに生きる日本人起業家の 人生が動きだす、世界の眺めかた
【第3回】 2012年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
イーパーセル株式会社・代表取締役社長 北野譲治(きたの・じょうじ)

第3回 グーグルに勝利した男(1)
僕がアメリカで特許訴訟に踏み切った本気の理由

1
nextpage

日本の無名IT企業が、グーグル、ヤフー、ベライゾンなどアメリカの大手企業13社を特許侵害で訴えた――。そのニュースが2011年4月に流れて以来、「無謀なヤツ」として知られるようになった〈イーパーセル〉の北野譲治社長(49歳)。今年4月にはベライゾンが、7月にはついにグーグルが、そして8月になるとAOLが白旗を挙げ、各社と和解に至っている。現在、係争中の企業は6社を残すのみ。

「僕は13社すべてと特許ライセンス契約を結べるものと確信している」と断言する北野社長の自信は一体どこから生まれてくるのか?

損害保険のトップセールスマンとしてキャリアをスタートし、28歳で起業。順調に成功を収めたものの、それに飽き足りず、37歳で会社社長のポストを捨て、一兵卒として〈イーパーセル〉の日本法人の経営に参画、41歳の時、社長に就任。
 

欲しい車に乗りたい、それだけのためにサラリーマンの道を捨てた

 「本能」に従って生きよ――

 「宮沢賢治の詩“雨ニモマケズ”の最後に、ミンナニデクノボートヨバレ ホメラレモセズ クニモサレズ サウイフモノニ ワタシハナリタイ とあるが、君が本当になりたいモノ、本当にやりたいコトは何か」

 歴代総理の指南役と言われた人生の師から薫陶(くんとう)を受けた時のことだ。僕が社会人になりたての20代前半、右も左もわからないやんちゃ坊主だった頃の話。

 さらに、師は続けた。「それを突きつめたところに出てくるもの、それが“本能”だ。本能は欲望とはまったく別のものだ。徹底して欲を捨て去れ、そうすれば最後に自分の本当になりたいモノ、本当にやりたいコトが残る。しかるのち、本能に従うべし」。毎日、僕は呪文のように唱えながら、この教えを忠実に守って生きてきた。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、4/16~4/22)




ボーダレスに生きる日本人起業家の 人生が動きだす、世界の眺めかた

国境にとらわれることなく自由に、ボーダレスに活躍する日本人起業家たちのメッセージを隔週でお届けします。世界をどう眺めれば、人生は面白くなるのか、毎日がワクワクするのか、大胆な人生を歩んできた方々にそれぞれの人生を振り返ってもらいながら、日本の若者に向けてメッセージを送っていただきます。

「ボーダレスに生きる日本人起業家の 人生が動きだす、世界の眺めかた」

⇒バックナンバー一覧