ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
【最終回】 2012年10月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
林 總 [公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授(管理会計事例)]

第3章 大トロはなぜ儲からないか?(後編)
キャッシュフロー経営とは何か

1
nextpage

林總先生の最新刊『50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?』の刊行を記念して、シリーズ第1作『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』を特別公開。父の遺言により社長に就任した由紀は、会計力で会社を救えるのか?この最終回では第3章の後半をご紹介致します。

【前回までのあらすじ】
父の遺言により倒産寸前の服飾メーカー「ハンナ」の社長に就任した由紀。ところが、メインバンクからは資金協力を拒否され、1年経っても経営が改善しなければ融資を引きあげると言われる。由紀は、コンサルを依頼した安曇から「会計の本質」「損益計算書」「バランスシート」についての指南を受け、会社再建に徐々に前向きになっていく。そして、リストラを決意した由紀に、ハンナの在庫がなぜ増えてしまうのかを安曇が解き明かす。

キャッシュフロー計算書

 「以前、会計は主観が入り込んでいる、という話をしたことがあるね。つまり、バランスシートと損益計算書は『会社のオピニオン』ということだ。ところが、この箴言には続きがある。『しかし、キャッシュは現実』。つまり現金はウソをつかない、という意味だ。ところがここにも問題がある。現金には色づけができない」

 由紀には、現金に色をつけるという意味が理解できなかった。

 「こういうことだ。仮にハンナの銀行口座に使えないほどの預金があるとしよう。君は、このお金を何に使う?」

 「そうですね。デザイン用の高性能コンピュータ、若手デザイナーの教育、積極的な広報活動、そしてパリやミラノに直営店を持つのもいいですね……」

 由紀は思いを巡らせた。

 「しかし、その預金のすべてが銀行からの借入だったら」

 「父と同じ間違いを犯すことになってしまいます」

 「そうだね。ここで会社の現金(預金も含む)の中身を考えてみよう。まず、商売で稼いだ現金だ。他に土地を売って捻出した現金、銀行から借り入れた現金、増資によって調達した現金が含まれているかもしれない。しかし、現金そのものには色がつけられない。その出所がわからないと使い方を誤る危険がある。そこで、現金の流れを可視化することが必要になる。これがキャッシュフロー計算書だ」

 安曇は、由紀のノートに3つの蛇口を持つ水槽の絵を描いた。そして、それぞれの蛇口に「投資用」「財務用」そして「株主用」と書いた。

 「キャッシュフロー計算書の構造を説明しよう。水槽に貯まっている水は、会社が1年間で作り出した現金だ。これを営業キャッシュフロー(営業CF)という。経営者の仕事はこの水槽の水をできる限り増やすことだ。貯まった水の使い道は3通りある。

 ひとつは現金製造機(固定資産)を買うための支出だ。これを投資キャッシュフロー(投資CF)という。そして、残りの2つが銀行借入金の返済と株主配当だ。これらを財務キャッシュフロー(財務CF)という。現金が余れば、翌月に繰り越され、不足すれば前月の現金を取り崩すことになる」

 安曇は、ここで熱燗の徳利を逆さにして、最後の一滴を杯に注いだ。

 「もし、この徳利のように水槽の水がなくなったらどうするか?(赤字の営業CF)。預金があれば取り崩す。銀行から借り入れる。あるいは、固定資産を売却して、水槽の水が枯れないようにするだろう。こうしたキャッシュフローの動きをまとめた表が、キャッシュフロー計算書だ。この表には営業CF、投資CF、財務CF別に現金の収支が表現されている。キャッシュフロー計算書を見るだけで、会社の実態を読み取ることができるのだ」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


林 總(はやし・あつむ) [公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授(管理会計事例)]

1974年中央大学商学部会計科卒業。外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。経営コンサルティング、執筆、講演活動などを行っている。 主な著書に、ベストセラーとなった『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』『美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?』『コハダは大トロより、なぜ儲かるのか?』『[新版]わかる! 管理会計』(以上、ダイヤモンド社)、『ドラッカーと会計の話しをしよう』(中経出版)、『会計物語 会計課長団達也が行く』(日経BP社)、『貯まる生活』(文藝春秋)などがある。

著者ホームページ:http://atsumu.com/

 


餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

会計はすべてのビジネスパーソンが学んでおくべき必修知識 あなたは会計に強いですか?

経営者やマネジャーはもちろん、すべてのビジネスパーソンは、会計の基本的な知識を学んでおく必要があります。 でも、会計ってなんだかむずかしそうだし、学ぶのは億劫ですよね。そんな会計に苦手意識をもつ方に贈るのが本連載。 小説仕立てのベストセラー会計本『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』の中から一部を無料で公開。 会計の基本のキである損益計算書(PL)、バランスシート(BS)、キャッシュフローについて学べる章を特別公開します。 会計をまったく知らない人でも、本文を読み進めるうちに、しぜんに決算書のしくみやキャッシュフロー経営の意味など、 会計の基本と勘所がわかってしまう連載がスタート。

本連載は、毎週水曜日に掲載。

「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」

⇒バックナンバー一覧