ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
【第6回】 2012年10月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
林 總 [公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授(管理会計事例)]

第3章 大トロはなぜ儲からないか?(前編)
キャッシュフロー経営とは何か

1
nextpage

林總先生の最新刊『50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?』の刊行を記念して、シリーズ第1作『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』を特別公開。父の遺言により社長に就任した由紀は、会計力で会社を救えるのか?今回は第3章の前半をご紹介致します。

【前回までのあらすじ】
父の遺言により倒産寸前の服飾メーカー「ハンナ」の社長に就任した由紀。ところが、メインバンクからは資金協力を拒否され、1年経っても経営が改善しなければ融資を引きあげると言われる。由紀は、コンサルを依頼した安曇から「会計の本質」「損益計算書」「バランスシート」についての指南を受け、会社再建に徐々に前向きになっていく。

千駄木の寿司屋

 由紀は安曇の指示通りに不要資産をリストアップしたものの、その数が多いのに唖然とした。特に目立ったのは、使っていないミシンと裁断機だった。

 なかでも一番大きな問題は北海道工場だった。この工場は従業員に支払う給与さえも稼いでいないのだ。赤字を垂れ流しにしてまで稼働を続けた理由は、故郷北海道に対する源蔵の思い入れだった。しかし、継続させるわけにはいかないことは明らかだった。

 福利厚生用に購入したゴルフ場や宿泊会員権もすべて処分リストに載せた。1年以上動いていない材料や製品在庫もすべて処分対象にした。これらを現金に換えれば、北海道工場の従業員に退職金を支払っても、かなりの額を借入金の返済に回せるはずだ。リストラの効果が顕著に現れるに違いない。


  文京区の下町にある老舗の寿司屋が、今日の打ち合わせ場所だ。

 「我慢しないで食べちゃいます」と言って、由紀は寿司を次々と食べた。

 安曇は熱燗を美味しそうに飲みながら、由紀を眺めていた。どうも、由紀の様子が変だ。

 「私は確かに経理の素人ですけど、あんな見え透いたことを言わなくてもいいのに……」

 由紀の憤りは収まらない。話はこうである。

 経理部長の斉藤がやってきて、「今月は久しぶりに利益が出そうですが、支払資金が足りないので銀行借入をしたい」と言った。

 そこで「利益が出たのなら、資金繰りは良くなるのではありませんか?」と斉藤に尋ねると、唐突に「社長、もっと会計を勉強しなさい」と、あきれた顔で言われたというのだ。

 「斉藤は私を子ども扱いしているのです」

 由紀は不愉快でたまらない。

 「斉藤さんが言っていることも間違いではないね。以前に少しだけ触れたが、利益と現金の有無とは別物なのだ」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


林 總(はやし・あつむ) [公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授(管理会計事例)]

1974年中央大学商学部会計科卒業。外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。経営コンサルティング、執筆、講演活動などを行っている。 主な著書に、ベストセラーとなった『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』『美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?』『コハダは大トロより、なぜ儲かるのか?』『[新版]わかる! 管理会計』(以上、ダイヤモンド社)、『ドラッカーと会計の話しをしよう』(中経出版)、『会計物語 会計課長団達也が行く』(日経BP社)、『貯まる生活』(文藝春秋)などがある。

著者ホームページ:http://atsumu.com/

 


餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

会計はすべてのビジネスパーソンが学んでおくべき必修知識 あなたは会計に強いですか?

経営者やマネジャーはもちろん、すべてのビジネスパーソンは、会計の基本的な知識を学んでおく必要があります。 でも、会計ってなんだかむずかしそうだし、学ぶのは億劫ですよね。そんな会計に苦手意識をもつ方に贈るのが本連載。 小説仕立てのベストセラー会計本『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』の中から一部を無料で公開。 会計の基本のキである損益計算書(PL)、バランスシート(BS)、キャッシュフローについて学べる章を特別公開します。 会計をまったく知らない人でも、本文を読み進めるうちに、しぜんに決算書のしくみやキャッシュフロー経営の意味など、 会計の基本と勘所がわかってしまう連載がスタート。

本連載は、毎週水曜日に掲載。

「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」

⇒バックナンバー一覧