ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
【第2回】 2012年9月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
林 總 [公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授(管理会計事例)]

第1章 会計はだまし絵、隠し絵だ(前編)
会計の本質と損益計算書のしくみ

1
nextpage

20万部のベストセラー『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』のシリーズ最新作『50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?』(共に林總著)がいよいよ10月5日に発売されます。その刊行を記念して『餃子屋と高級フレンチでは~』の第3章までを特別公開。第2回は「第1章 会計はだまし絵、隠し絵だ」の前半をご紹介致します。

【前回までのあらすじ】
父の遺言により倒産寸前の中堅服飾メーカー「ハンナ」の社長に就任した由紀。ところが、メインバンクからは一切の資金協力を拒否され、1年経っても経営が改善しなければ融資を引きあげると言われる。由紀は、会計のプロ安曇のもとを訪れ、コンサルティングを依頼する。

築地の会席料理屋

 築地にある料亭の個室で、由紀は安曇の到着を待っていた。

 先週、思い切って安曇にコンサルを依頼してから、由紀はかすかな希望がわいてきたような気がした。相談相手がいることで、こんなにも精神が安らぐとは思ってもいなかった。

 それにしても今日の会議はひどかった。役員たちは、由紀をお飾りの社長だと思っているのは明らかだった。彼らは好き勝手に言いたいことを口にした。

 「製品(※3)在庫が増えたのは、工場をむやみに作りすぎたのが原因ではないか?」

 ハンナの大番頭で取締役経理部長(※4)の斉藤が、若い林田製造部長に詰め寄った。

 林田は「指示された数しか作っていないし、売れないのはデザインが悪いからです」と、製品企画部長の千田を責めた。

 千田は「君の部門で作る製品の品質が悪いから売れないのだ」と、逆に林田を批判した。

 由紀には、彼らの会話がさっぱり理解できなかった。議論が出尽くした頃、斉藤が由紀に慇懃に言った。

 「私たちに的確な指示を出すのが社長の仕事です。ご判断をお願いします」

 明らかに嫌がらせだ、と由紀は思った。

 しかし、どうすることもできない。じっと我慢するしかなかった。

(※3)製品……会社が作って販売するものを製品、購入して販売するものを商品と言います。

(※4)経理部……経理部には、会計帳簿を作成して決算を行う機能(主計)、資金を調達運用する機能(財務)、そして、売上が少ないとか、原価が高すぎるとか、在庫が多いとか、設備投資をすべきかどうかといった情報を、経営トップに提供する機能(管理)があります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


林 總(はやし・あつむ) [公認会計士、税理士、LEC会計大学院教授(管理会計事例)]

1974年中央大学商学部会計科卒業。外資系会計事務所、監査法人勤務を経て独立。経営コンサルティング、執筆、講演活動などを行っている。 主な著書に、ベストセラーとなった『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』『美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?』『コハダは大トロより、なぜ儲かるのか?』『[新版]わかる! 管理会計』(以上、ダイヤモンド社)、『ドラッカーと会計の話しをしよう』(中経出版)、『会計物語 会計課長団達也が行く』(日経BP社)、『貯まる生活』(文藝春秋)などがある。

著者ホームページ:http://atsumu.com/

 


餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?

会計はすべてのビジネスパーソンが学んでおくべき必修知識 あなたは会計に強いですか?

経営者やマネジャーはもちろん、すべてのビジネスパーソンは、会計の基本的な知識を学んでおく必要があります。 でも、会計ってなんだかむずかしそうだし、学ぶのは億劫ですよね。そんな会計に苦手意識をもつ方に贈るのが本連載。 小説仕立てのベストセラー会計本『餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?』の中から一部を無料で公開。 会計の基本のキである損益計算書(PL)、バランスシート(BS)、キャッシュフローについて学べる章を特別公開します。 会計をまったく知らない人でも、本文を読み進めるうちに、しぜんに決算書のしくみやキャッシュフロー経営の意味など、 会計の基本と勘所がわかってしまう連載がスタート。

本連載は、毎週水曜日に掲載。

「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」

⇒バックナンバー一覧