ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
リバース・イノベーション講座
【第3回】 2012年10月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
ビジャイ・ゴビンダラジャン

インド発のリバース・イノベーションで
ひげ剃り市場のリーダーの座を守ったP&G
――ビジャイ・ゴビンダラジャン

1
nextpage

注目の戦略コンセプト、「リバース・イノベーション」の入門編の連載第3回。今回も世界的ベストセラーである『リバース・イノベーション』の著者で、コンセプトの生みの親でもあるビジャイ・ゴビンダラジャンによるコラムの翻訳です。消費財の世界的企業P&Gは、先進国での圧倒的シェアと高機能商品を持ちながら、インドでなぜ、どのように超低価格のリバース・イノベーションに取り組んだのかを語ります。

なぜP&Gのジレットは
インド市場を攻略できたのか

 あなたが今、アメリカにいるにしろ、インドにいるにしろ、今日のひげ剃りに使ったのは、ジレットのカミソリではないだろうか。

 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)のひげ剃り用のカミソリのブランドである「ジレット」のアメリカでの市場シェアは80%以上とも言われ、二番手のシック(Schick)を大きく引き離している。さらに驚くことに、ジレットは価格競争に走ることなく、このシェアを実現してきた。

ビジャイ・ゴビンダラジャン
Vijay Govindarajan
ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネスのアール C. ドーム1924教授。国際経営論担当。ゼネラル・エレクトリック(GE)で初の招聘教授兼チーフ・イノベーション・コンサルタントを務めた。世界で最も影響力のあるビジネス思想家ランキングThinkers50(2011年度)で3位、同時にブレークスルー・アイデア・アワードを受賞。

 ベストセラーの「フュージョン プログライド」は、最新かつ最高のカートリッジ構造を持つカミソリで、替え刃の小売価格は約4ドル。この価格でも、ジレットはことさら高い粗利率を設定しているわけではない(注)。

 ただし、この手の最高級品がほとんど売れない新興国市場では、事情が異なる。それでは、カミソリの消費量が世界最大規模のインドで、ジレットが50%以上のシェアを獲得しているのはなぜか。それも、「フュージョン プログライド」の3%に満たない価格の製品である。

 これは、進行中のリバース・イノベーションの絶好の事例と言えるだろう。だが、この物語はまだ始まったばかりである。

【訳注】
ジレットは本体価格を安価にして、伝統的に替え刃で儲ける戦略をとってきたことで有名である。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
経済は地理から学べ!

経済は地理から学べ!

宮路 秀作 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
地理から学ぶ、経済のしくみ。経済とは、土地と資源の奪い合いである。 地理を学ぶとは、地形や気候といった自然環境を学ぶだけではありません。農業や工業、交通・通信、人種・民族、宗教、言語、村落・都市、貿易にいたるまで、現代世界で目にするありとあらゆる分野を学びます。世界の本質を「地理」から学ぶ!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


ビジャイ・ゴビンダラジャン 

ダートマス大学タック・スクール・オブ・ビジネスのアール C. ドーム1924教授。国際経営論担当。ゼネラル・エレクトリック(GE)で初の招聘教授兼チーフ・イノベーション・コンサルタントを務めた。書籍『リバース・イノベーション』の著者の一人。

 


リバース・イノベーション講座

「リバース・イノベーション」は、世界が注目する戦略コンセプトです。この連載では、世界的ベストセラー『リバース・イノベーション』の著者で、コンセプトの生みの親でもあるビジャイ・ゴビンダラジャンのインタビューやコラム、また、日本語版の出版に関わったメンバーと新興国市場に果敢にチャレンジしている企業のマネジャーとの対談などを通じて、そのエッセンスを紹介していきます。

「リバース・イノベーション講座」

⇒バックナンバー一覧