ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
岸博幸のクリエイティブ国富論

『ロングテール』『フリー』著者が語る製造業の変革
“メイカーズ”は新たなネットブームを巻き起こすか

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]
【第202回】 2012年10月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2006年に“ロングテール”、09年に“フリー”というITブームを牽引するコンセプトを作った米国の評論家クリス・アンダーソンが、今週米国で“メイカーズ”(Makers: The New Industrial Revolution)という新しい著書を刊行しました。

 そのエッセンスは、かつてデジタルとネットはマスメディアとコンテンツ産業を“民主化”し、誰でも情報/コンテンツの制作と発信を行えるようにしたが、今やデジタルとネットはものづくりのプロセスを変革しつつあり、これからは製造業が“民主化”される、というものです。

 同氏の新著のタイトルは、かつての“ロングテール”や“フリー”のように新たなネットブームを作り出せるでしょうか。

製造業のIT/ネット化

 もちろん、確かに同氏が主張するように、ものづくりのプロセスがIT/ネットによって大きく変革されつつあることは事実です。

 その典型例は3D(三次元)プリンタではないでしょうか。今や欧米では、補聴器などのマイナーな商品のみならず、航空機や自動車の部品まで3Dプリンタで“プリントアウト”して実用化されていますし、22口径の拳銃を3Dプリンタで作ってしまった強者まで現れています。

 この3Dプリンタも安いものは1000ドルを切るようになりました。それ以外にもコンピューターで制御できるレーザー・カッターなど、実際にモノを作る生産の面にはデジタルの波が押し寄せ、高機能化と価格低下が進んでいます。グローバル化の恩恵で、設計図を送れば少量でも安価に生産してくれる中国のたくさんの工場も利用可能となりました。

 それに加え、モノの設計の面では、CADソフトが更に進化して使いやすくなっているのみならず、クラウドソーシングの恩恵でネット上には、自分で設計しなくても様々なモノのCADファイルが無償で公開されているし、またデザインや技術についてアドバイスをもらい議論できる場もたくさんあります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

岸 博幸 [慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授]

1986年通商産業省(現経済産業省)入省。1992年コロンビア大学ビジネススクールでMBAを取得後、通産省に復職。内閣官房IT担当室などを経て竹中平蔵大臣の秘書官に就任。不良債権処理、郵政民営化、通信・放送改革など構造改革の立案・実行に関わる。2004年から慶応大学助教授を兼任。2006年、経産省退職。2007年から現職。現在はエイベックス・マーケティング株式会社取締役、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社顧問も務める。

 


岸博幸のクリエイティブ国富論

メディアや文化などソフトパワーを総称する「クリエイティブ産業」なる新概念が注目を集めている。その正しい捉え方と実践法を経済政策の論客が説く。

「岸博幸のクリエイティブ国富論」

⇒バックナンバー一覧