ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
絶対内定
【第6回】 2012年10月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
熊谷智宏 [我究館館長]

ゼミ・インターン・留学経験…
「ないづくし」学生でも、内定は獲れる!

1
nextpage

相変わらずの不況の中、今年も就職活動のシーズンがやってくる。就活が本格化する前のこの時期、何をするか、どう考えるかで数ヵ月後の結果は大きく変わってくるが、様々な都市伝説が飛び交う「就活」、果たしてどう乗り越えていけば良いのか?

「就活がとにかく不安で」「今からでも間に合うのでしょうか」
「インターンシップに参加していないのは不利でしょうか」
「学生時代に、これといった実績がないのですがどうしたらよいですか」

  毎年、不安を感じた就活生から、こういった相談を多数受ける。
  リーマンショックから続く就職氷河期の中で、必要以上に不安になり、情報に振り回されている学生が増えているようだ。

  実際に、企業に内定するための倍率をみると、その不安はあながち間違いではない。
  超人気企業の倍率は200〜300倍、内定者の少ない出版やテレビ局などになると1000倍を超える場合もある。そうでなくても、君たちが第一志望にする企業の多くは、50〜100倍の倍率になるだろう。

 「100人に1人…。無理だ…」普通の学生なら、きっとそう思うだろう。
  実際に、この現実を前に尻込みしてしまう就活生を僕はたくさん見てきた。
  自信をもって「自分は100人に1人の大学生だ」と信じることができない気持ちもよく分かる。

 しかし、僕がいままで2000名以上の就活生をサポートしてきた経験から、確信していることがある。
  それは、「どんな大学生でも、その倍率を勝ち残ることができる」ということだ。

  なぜか?
  それは、能力においても実績においても、明らかに突出した大学生など滅多にいないからだ。
「ほとんどの大学生は普通の大学生」(僕の感覚で言うと99.9%は同じ)なのだ。

 その普通の学生の中で勝負をしていくのだから、しっかりと自分の魅力を分析し、他者に伝えることができれば、それだけで十分差別化ができる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
再起動 リブート

再起動 リブート

斉藤徹 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
僕は4回死に、そのたびに復活した。 波瀾万丈のベンチャー経営を描き尽くした真実の物語。 バブルに踊ろされ、金融危機に翻弄され、資金繰り地獄を生き抜き、会社分割、事業譲渡、企業買収、追放、度重なる裁判、差し押さえ、自宅競売の危機を乗り越え、たどりついた境地とは

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/8~1/14)


注目のトピックスPR


 

熊谷智宏(くまがい・ともひろ) [我究館館長]

我究館館長。横浜国立大学を卒業後、(株)リクルートに入社。2009年、(株)ジャパンビジネスラボに参画。
現在までに2500人を超える大学生や社会人のキャリアデザイン、就職や転職、キャリアチェンジのサポートをしてきた。
難関企業への就・転職の成功だけなく、MBA留学、医学部編入、起業、資格取得のサポートなど、幅広い領域の支援で圧倒的な実績を出している。また、国内外の大学での講演や、執筆活動も積極的に行っている。
著書に『絶対内定2016』シリーズがある。

【キャリアデザインスクール・我究館】http://www.gakyukan.net/
心から納得のいくキャリアの描き方と実現をサポートする就職・転職コーチングスクール。1992年の創立以来、20年以上にわたり全業界に7200名の人材を輩出。
日本を代表するコーチ陣が、就職、転職、ロースクールや医学部進学、MBA留学、資格取得等、次の成長機会を模索し、その実現に悩む人々をバックアップしている。


絶対内定

1994年の創刊から20年以上のロングセラー、現在も大学生協売上1位を誇る『絶対内定』シリーズ。今では当たり前の「自己分析」の考えを、就活にはじめて取り入れたのが本書で、先輩やOB・OGのみならず、企業の人事・採用担当者にも支持されている。
連載では、『絶対内定』シリーズの執筆陣による、就活において大切な考え方や手法、最新就活事情などをお届けする。

「絶対内定」

⇒バックナンバー一覧