ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
柏木理佳 ビジネスで勝つ!中国人との付き合い方

中国人はなぜ会社でプライベートの電話を長々とするのか?

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]
【第2回】 2009年7月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本では、新入社員に対して不満に思っている理由に、「私用に電話やメールを使っている」という上司の声が多く聞かれる。

 しかし、中国で働いた経験のある人はもっと公私混合している中国人に驚いたことがあるだろう。

 「中国人は、会社の固定電話をまるで自分の家の電話のように使う、長距離や外国にまでかけている人もいる」

 「会社のプリンター機の中のインクなどの部品まで持ち帰る人もいた」

 「ランチ後、数時間休憩をとりに職場を離れる人がいた」

 日本人管理職は彼らの行動を理解できず、憤慨していた。さらに、もっと驚くことに、それを見ている中国人の上司たちは何も注意していない。それどころか上司さえも電話したり、中には会社の中で、昼寝するだけでなく、寝泊りさえしている。

 いったい、なぜ、こんなことが起きるのだろうか?

 それは、平等主義のもとになりたっていた中国企業の形態にある。

国営企業のもとでは
公私の境がわからなくなる

 中国はもともと国有企業が多く存在していた。つまり、中国人のほとんどが国有企業に勤務していた。国がコントロールしている国有企業で働くということは、平等な賃金体系で終身雇用として国有企業に就職するということである。

 実際には国有企業に勤務すればその企業に属する社宅に住み、食事も会社の食堂を利用する。衣食住のうち、食も住むところもすべてその会社から提供されたものを利用するのである。そんな生活の中でどこからどこまでが公でどこからがプライベートなのかがわからなくなるのだ。

 たとえば、今でも恋人たちだけでなく、結婚した後の夫婦でさえも夫の社宅と妻の社宅を交代に宿泊している状態である。

 むろん、最近は民間企業も増えたこと、一部の個人がマンションを購入することができるようになったことで事情は少しずつ変わってきている。それでも新婚夫婦で年収も低い場合は社宅を交互に泊まっているのが現状である。

 国有企業に所属している限り、同時に会社の机もいすもホッチキスも鉛筆も何もかもが自分のものであるーという感覚である。

 しかし、それだけではない。公私混合の理由には中国人の働き方、雇用意識の特性もある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

柏木理佳 [生活経済ジャーナリスト]

豪州の大学へ進学後、香港にて勤務。1994年、中国の北京首都師範大学漢語科に留学後、シンガポールで会社設立等に携わる。豪州ボンド大学院MBA取得。中国経済の研究員としてシンクタンク勤務後、嘉悦大学准教授。国土交通省道路協会有識者会議メンバーも務める。現在、嘉悦大学付属産業文化観光総合研究所客員主任研究員、北東アジア総合研究所客員研究員、NPO法人キャリアカウンセラー協会理事。2015年、桜美林大学院にて博士号取得。柏木理佳ホームページ


柏木理佳 ビジネスで勝つ!中国人との付き合い方

金融危機後の世界経済の牽引力として、ますます存在感を高める中国。多くの日本企業にとって、中国との関係強化は重要な課題だ。本連載では、意外と知らない中国人の気質、日本人との相違に着目し、ビジネスの場で中国人と渡り合うためのコミュニケーション術を説く。

「柏木理佳 ビジネスで勝つ!中国人との付き合い方」

⇒バックナンバー一覧