ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

朝一番の甘いものがやる気を失わせていた!?
午前中から仕事の効率を上げる朝ごはんの秘密

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
【第12回】 2012年10月29日
1
nextpage

朝食を食べない人に多い
「ランチ太り」はなぜ起こるのか

 朝食を食べるとなんで体にいいかって、そんな話はおもいきって飛ばしてみようと思う。だって、スマホだって充電を満タンにして出かけるのに、自分の身体は充電しなくても問題なく作動するなんて、ありえない。朝食は、必要不可欠なものなのだ。厚生労働省による2010年の調査では、朝食欠食率がもっとも高かったのは20代男性で29.7%(20代女性は28.6%)。オフィスでの彼らの様子はどうだろうか?

 もしも朝食を抜いた場合。前の晩の食事が9時過ぎと遅かったとしても、昼食を食べるまでに15時間も何も口にいれないことになる。問題は、そんな長時間の空腹に何も対処しないでいられるほどに体は鈍感ではないことだ。体は、ご主人様が飢餓状態であると勘違いをし、非常時に備えて肝臓に脂肪を蓄えようとする上に、次の食事の栄養をここぞとばかりに吸収して、いざというときのために備えてくれる(実際は、いざ、という時なんてないのに…)。これが、朝食を食べないクライアントによく見られる「ランチ太り」パターンだ。

起きぬけに甘いものを口にしてはダメ!?

 一方で、「小さい頃から、朝は何か口にしてから行きなさいと言われていたので」と、確実に朝食を食べている人もいる。「ブドウ糖は脳のエネルギー源だから、朝ちゃんとごはん食べないと頭が働かないんでしょ?」…おっしゃる通りだ。

 とはいえ、口にできたら何でもいいわけではない。「菓子パンとかチョコレートとかゼリー飲料しか口にできない」と言われたら、「それなら、ムリして食べなくてもいいです」と言ってしまう。なぜなら、朝の身体はまだ代謝のスイッチが入っていない。いわば、省エネモードのようなもの。そこへ、偏った栄養バランスの高脂肪・高カロリー食を体に入れてもうまく代謝できない。そうすると、なんかだるいな、本腰入らないな、といった感覚をお昼くらいまでひきずってしまう。

 一般的に、野菜や海草など、食物繊維を多く含んでいたり、血糖値を上げにくい食べものからいただくと太りにくい、と言われるが、この食べる順番は、断食後の朝食こそ大事、と覚えていてほしい。おみやげでいただいたお菓子やケーキ、「夜食べるよりは朝食べた方が太らないだろう」と思っても、決して、起きぬけ一番に口にしてはならない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧