ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

仕事の効率を下げる「あの人気ランチ」の落とし穴

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
【第3回】 2012年6月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 その昔、職場の若い独身男性が風邪をひいたりすると、「誰かごはん作ってくれる人はいないの?早くお嫁さんをもらいなさいよ」と言われることがあったようだ。今となっては死語かもしれないが“お嫁さんをもらう”ということが、料理を作ってくれる人がいる、ということとつながり、独身でいるより、家庭がある人の方が健康でいられる、と考えられていたのだろう。

 でも、今はどうだろうか。独身か既婚かで、食卓や健康度合いは変わってくるだろうか?食生活を改善する過程においては、独身も既婚も変わらない、というのが私の実感だ。むしろ、独身の方が自由がきく分、意外と食生活を改善しやすい場合すらある。

 食事カウンセリングをしている中で、食生活を変えるにあたって家族の協力が得られるかどうかを尋ねると「奥さんには怖くてお願いできない」「食事は子どもにあわせている」「奥さんも働いているんで」と協力を得られない旨の答えが返ってくることがほとんどだ。

 家での食事が多いほど、その変えられない食習慣は大きなネックになる。その生活が続くとどうなるか。お風呂上がりに見た、あなたの身体は、何を語ってくれるだろうか。

 ただ、独身、既婚に限らず、ビジネスマンにとって主導権をもって選びやすいのが昼食であることは共通している。だからこそ、どんな昼食を選ぶかが、非常に大事なのだ。昼食をとる時間がない、という人も、まずは読み進めてほしい。そして、どうかぜひ、巷にあふれる“落とし穴”に落ちないよう気を付けてほしい。

「ヘルシー」に惑わされるな

 その落とし穴には、ヘルシー、という名前がついていることが多い。ヘルシーを直訳すると、健康な、健康に良い、という意味になるが、ちまたにあふれるヘルシーは、「野菜」「低カロリー」「オーガニック」「コラーゲン入り」など、何か良さそうな響きがひとつでもあればOK、というような風潮を感じる。かくいう私も、少し小さめのパフェを食べながら「このパフェ、小ぶりで、ヘルシーだね」と口にしたら、「あなたにとって“ヘルシー”って何!?」と母に心底驚かれたことがある。ただ、そのように、サイズの比較論でのヘルシーがあるのも確かだろう。

 「よし、今日からヘルシーランチにしよう!」と宣言した同僚から牛丼屋に誘われたらどう思うだろうか?きっと、言っていることとやっていることが違うと思うのではないだろうか。でも、事実、牛丼屋は、コストパフォーマンスよくヘルシーランチを食べられる場所だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧