ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

登録販売者受験の偽証明書を発行した
西友が直面するレピュテーション(評判)リスク

週刊ダイヤモンド編集部
2012年11月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
登録販売者受験で虚偽証明書を発行した西友。果たして会社側からの圧力等はなかったのか。早期の原因解明が求められている
Photo by Toshiaki Usami

 “Save money. Live better(節約を通して、より豊かな生活を提供する)”を理念に掲げる米ウォルマート・ストアーズ傘下の西友で、顧客無視のとんだ不正が発覚した。

 西友は11月6日、一般用医薬品の販売資格である「登録販売者」試験の際、同社が発行した実務経験証明書の多くが虚偽記載であったことを認めた。

 証明書を発行した従業員は352人。その内の8割に当たる282人が発行要件を満たしておらず、その内の200人が登録販売者試験に合格。今年8月末時点で101人が医薬品販売に従事していた。虚偽証明書の発行は、登録販売者試験が始まった2008年から行なわれてきた模様だ。

 ただし、今のところ、医薬品販売による健康被害などのトラブルはないという。

 そもそも登録販売者とは、薬剤師ではなくても一部の一般用医薬品を販売できる資格のこと。09年6月から始まっており、受験のためには医薬品販売業務を1年間、毎月80時間以上行なわねばならず、勤務先が発行する実務経験証明書の提出が義務付けられている。

 不正が発覚したのは今年8月末。東京都に匿名の電話があり、「西友の売場で医薬品の知識がないのに登録販売者を名乗っている人がいる」という情報提供があった。東京都が調査に乗り出した所、複数の不正が判明。9月上旬からは西友も社内調査を開始した。その後、不正が発覚した従業員は一般医薬品売場から外して、他の売場等に移動。その影響で、一部店舗の売場において、休止や営業時間の短縮を行なった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧