ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

為替レートを大きく動かす「その他投資」と「誤差脱漏」とは何者か?

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第23回】 2009年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回前々回と、国際収支表における「その他投資」や「誤差脱漏」という項目が「円キャリー取引」と解釈できることを述べてきた。少なくとも、その動きと為替レートの動きは、密接に関連している。

 ところで、これらの項目の内容はどのようなものなのだろうか。「その他投資」について、日本銀行のサイトでは、つぎのように説明している。

 「その他投資には直接投資、証券投資、金融派生商品および外貨準備資産に該当しない全ての資本取引を計上します。貿易信用、貸付・借入、現預金、雑投資を含んでいます。証券貸借取引の対応項目も貸付に計上します。」

 円キャリー取引は、日本の銀行から短期の借り入れを行ない、これを外貨に転換して外国で長期の投資を行なうものである。したがって、この項目(貸付・借入)の中に含まれていると考えられる。ただし、それが「その他投資」のうちでどれほどの比重を占めるかは明らかでない。

 なお、日本銀行の「国際収支動向」では、年間の「その他投資」の動きについて、つぎのようなコメントをしている。

 08年に関しては、「海外インターバンク市場運用資金(「預け金」)の回収」としている。07年に関しては、「海外店への貸付増加等から、資金流出超過幅が拡大した。海外投資家の円資金需要に応じて、現預金や本支店勘定を通じた資金放出が拡大した」としている。

 次に「誤差脱漏」だが、これが重要な意味を持つというのはおかしなことではあるが、これは日本の統計だけが不完全なことを意味するのではなく、全世界的な現象である。世界全体の誤差脱漏を合計すると、年率で550億ドル程度の赤字になる(ブレンダン・ブラウン『ドルはどこへ行くのか──国際資本移動のメカニズムと展望』春秋社、2007年)。
 
 そのなかには、密輸や犯罪組織が介在する資金移動もあるが、オフショア金融センターに向かう資本移動も含まれている。円キャリー取引のかなりの部分はオフショア・マーケットを経由して行なわれているので、「誤差脱漏」のなかには円キャリー取引も含まれていると考えられる(ただし、「その他投資」の場合と同様、それがどれほどの比重を占めるかは明らかでない)。

 以上のことから、額的に正確に一致はしないかもしれないが、「その他投資」や「誤差脱漏」の動向が「円キャリー取引」の動向を示していると考えることはできるだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
消費税だけでは財政再建できない!「日本を破滅から救うための経済学」

経済論争の最大のトピック=デフレ問題から、赤字国債発行の問題点、年金の破綻、消費税増税、円安誘導の為替政策まで、主要論点を網羅。いずれのテーマでも、通説と一線を画す内容に驚愕すること必至。綿密なデータの読み込みに裏付けられた、野口教授のマクロ経済政策論!1680円(税込)

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む

突如として世界中を襲った経済危機。激流に翻弄される日本経済はどうなってしまうのか? なすべき対策はあるのか? 100年に1度の未曾有の事態を冷静に分析し、処方箋を提示する野口悠紀雄の緊急連載!

「野口悠紀雄 未曾有の経済危機を読む」

⇒バックナンバー一覧