ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森信茂樹の目覚めよ!納税者

政府・民主党再生の道は
国民が音を上げるような歳出削減

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]
【第38回】 2012年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 民主党政権に残された時間は少ない。新聞報道では、総理は燃え尽き症候群で、あらたな課題を探しあぐねているという。

 特例公債法、一票の格差是正など自民党の力を借りなくてはどうにも決まらないという状況だが、総選挙までの残された時間で、民主党政権の信頼回復に少しでも寄与する政策は、「歳出削減」を本気で行うことである。

「ポピュリズム歳出削減」には限界

 そもそも民主党の歳出削減は、全く手つかずに終わった。08年マニフェストでは、「国の総予算207兆円を全面組み替え。税金のムダづかいと天下りを根絶。……衆院定数を80削減……(これらにより)公共事業費で1.3兆円、人件費で1.1兆円、庁費・施設費、補助金などで6.1兆円、そのほかの経費を合わせて9.1兆円の歳出削減が国の予算からできる」とされていた。

 これらが実行に移せなかった最大の原因は、民主党が、歳出削減の本質を理解していなかったことによる。

 国民が拍手喝采を送る歳出削減というのは、一部の既得権益者だけが利益を受けていて、政・官・財のスクラムの中で温存されてきたような歳出をカットすることだろう。以下、これを「ポピュリズム歳出削減」と呼ぶ。

 いまだ、政・官・財のトライアングルの中で温存されている既得権益は少なからず存在する。このような歳出を、徹底的に削減・廃止することは、政府の信頼を高めるために重要なことである。

 しかし、「ポピュリズム歳出削減」では、GDPの2倍の借金を抱え、国の一般会計で毎年40兆円を超える赤字を出してきたことへの対策としては、スズメの涙に終わってしまう。

 必要なのは「財政再建のための歳出削減」である。

 「ポピュリズム歳出削減」と「財政再建のための歳出削減」との区別ができなかったところに、民主党の敗北がある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]

(もりのぶ しげき)法学博士。東京財団上席研究員、政府税制調査会専門家委員会特別委員。1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省、主税局総務課長、東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、財務省財務総合研究所長を最後に退官。その間大阪大学教授、東京大学客員教授。主な著書に、『日本の税制 何が問題か』(岩波書店)『どうなる?どうする!共通番号』(共著、日本経済新聞出版社)『給付つき税額控除』(共著、中央経済社)『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会)『日本が生まれ変わる税制改革』(中公新書)など。
 

 


森信茂樹の目覚めよ!納税者

税と社会保障の一体改革は、政治の大テーマとなりつつある。そもそも税・社会保障の形は、国のかたちそのものである。財務省出身で税理論、実務ともに知り抜いた筆者が、独自の視点で、財政、税制、それに関わる政治の動きを、批判的・建設的に評論し、政策提言を行う。

「森信茂樹の目覚めよ!納税者」

⇒バックナンバー一覧