ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

明確な意図の下に集いゆるやかに連携する
コミュニティを進化させろ!
女性起業家グループ「SPARK!」

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第14回】 2012年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
7

 そういう方にお伝えしたいのが、何よりもSPARK!で意図しているコミュニティづくりの性格を理解することが大切だということだ。繰り返しになるが、下記にキーワードをまとめよう。

(1)アンチ・エゴ:「私が私が」でなく、ゆるやかに連携する自由な集まり
(2)つながり重視:自分たちを大きくするより、他コミュニティと活発に関わる
(3)集まりの意図:独裁リーダーはいないが、自らの意図を持って活動する

 だから、SPARK!のようなグループをつくりたいという人には上記を伝え、SPARK!のマネでなく自分たちらしいグループをつくるようアドバイスしている。そして、例えば発信の意味を込めた「!」をつけたグループがいくつも集まり、さらに大きな発信ができればよいと奥田氏は夢を語る。

 「ゆるやかに連携する」など、一見すると矛盾するようなことを両立させるのが、コミュニティづくりの鍵だ。起業家は一人ひとりに高い生命エネルギーがあるので、一致団結してメンバーの全員が同じ考え方を持つようにする、などということは無理だろう。

 しかし、バラバラではやれることは限られ、機会も狭まる。誰かのエゴが際立つ集まりが少なくないが、自由につながる方がいい。

 思いがなければ、単に群れるだけになってしまう。しかし、そこに共通の意志や意図があれば、自立した個人が自由につながり力を合わせるだけで一人の力を大きく上回ることができる。読者のみなさんも、こうした実験をしてみてはいかがだろう?


<トークイベントのお知らせ>

~起業するなら、ホットスポットへ来い!~

DeNA共同創業者・川田尚吾氏と女性起業家グループSPARK!によるトークライブ!ダイヤモンド・オンライン「インキュベーションの虚と実」(著者:本荘修二)presents

『コミュニティが触発する、事業と生き方づくり』

開催日 :2012年11月27日(火)
場所  :デジタルハリウッド東京校御茶ノ水キャンパス、イベントスペース
住所  :東京都千代田区神田駿河台2−3

開場  :18時15分  開演 :18時45分  終了 :20時45分(予定)

★すべてのセッション終了後21時半まで、ネットワーキングの集いを開きます。軽食と飲み物も簡単にご用意いたします。ぜひ、ご参加ください!

チケット:前売り券2,000円(※)

※当日券(2,500円)は前売り券売れ行き状況に応じて販売いたします。

*軽食をご用意致します*

▼▼▼▼チケット購入・イベント詳細はこちら▼▼▼▼


(PeaTiXはペーパーレスオンラインチケットサービスです)

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 すでに売上高1400億円を超える大企業に成長したDeNAを、南場智子氏とともに共同で創業した川田尚吾氏。日本を代表する起業家でありエンジェル投資家・ベンチャー支援者として、知る人ぞ知る存在です。また、SPARK!は、バイタリティ溢れる女性起業家たちが、切磋琢磨し発信していくために結成された女性起業家グループです。今回はそのメンバーのなかから、ママ起業家に登壇していただきます。

 この注目の起業家たちを一同に集め、ダイヤモンド・オンライン「インキュベーションの虚と実」(隔週月曜日連載)を執筆する本荘修二氏がファシリテーターとなって、事業づくり、生き方づくりについてディスカッションするトークライブを開催します。起業家をはじめ、起業家予備軍やスタートアップ・サポーターにとって、“刺さる”トークが展開されることでしょう。

 世の中を動かす起業家が生まれる条件は? 起業家としての生き方とは? そして、生命エネルギーの高い人たちが集まり、事業を創造し、自らの人生を変え、世界を変える――。起業家が連鎖して生まれるコミュニティの力を体感して下さい。

previous page
7
スペシャル・インフォメーションPR
 
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧