ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

個人の力なしでは人も事業も育たない
勝屋久氏と東園絵氏がもたらす“つながり”と“変化”

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第10回】 2012年9月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

アニキでもコンサルタントでもない
枠にはまらない“宇宙人”を紹介

 スタートアップの育成というと、インキュベーターやベンチャーキャピタルを連想する人は多いだろう。特に日本では育成する主体を企業や組織という単位で考えがちだ。

 一方、シリコンバレーでは、個人が主役だ。インキュベーションに、企業や組織だけではなく、個人が果たす役割が大きい。組織に属していても、個人としてとらえられる。誰が支援しているスタートアップかで、第一印象が左右されてしまうことも多い。

 日本でも、個人でスタートアップ育成に汗を流す人もいる。なかには、本連載第4回で紹介した、「アニキ」や「コンサルタント」のような人々がいるが……。

 今回、筆者は個人でスタートアップ支援をする、勝屋久氏と東園絵氏を紹介したい。なぜ、この二人なのか。それは、両氏は今まで日本に存在したスタートアップ支援、応援の常識や枠組みに当てはまらない、“新しい生き方”をしているからだ。

 言うまでもなく、両氏は「アニキ」でも「コンサルタント」でもない。起業家やスタートアップを支援、応援することに変わりはないのだが、スタートアップの株式取得や、顧問料の徴収というような形を超えている。

 ただ“自分”として活動し、新たなフロンティアをつくる、一般の人からみれば“宇宙人”のように見えるかもしれない。

 両氏の活動は多岐にわたり、そのうえ、個性も強い“宇宙人”を、文字でどこまで伝えられるか筆者にとっては大きなチャレンジだが、インキュベーションは個人の力なしでは考えられないことを理解いただくため、今回はあえて挑むことにした。

 “つながり”を助け、“変化”を促し、人が育つ機会をもたらす二人の“宇宙人”を例に、見逃しがちだが大切なインキュベーションのエッセンスと、起業家にとっての示唆を考えてみたい。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧