HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

健康でハットトリック!!
降圧、減量、心拍安定の3得点

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第125回】

 サッカーシーズンたけなわで夜ごと寝不足のアナタ。どうせ熱狂するなら自分もフィールドに出よう。心疾患予防のハットトリックがかなうのだから。

 先月、米国スポーツ医学会の機関誌に報告されたデンマークの研究によると、1週間に2時間のサッカートレーニングを半年続けた結果、血圧改善と減量プラスアルファの効果を達成したのだ。

 対象は31~54歳の男性、33人。いずれも軽度~中等度の高血圧患者で、一部はすでに降圧剤を服用していた。この33人を二つのグループに分け、11人には運動や食事改善に関する医療的な助言を、もう一方の22人には1週間に1回2時間、「きつい」と感じる程度のサッカートレーニングに参加してもらった。

 半年後、サッカー群では収縮期/拡張期血圧ともに10mmHg低下したが、助言のみ群では半分の5mmHgの改善だった。また、サッカー群では持久力や運動能力を表す最大酸素摂取量が10%向上し、体脂肪も平均2キログラム減少したのである。さらに、安静時の心拍数が1分当たり平均8回も低下。過去の大規模研究からは、中高年期の安静時心拍数が1分間に85を超えると、長期的に心疾患死が増加することが知られている。安静時心拍数の低下が即、心疾患死を予防するかは証明途上だが、少なくとも70未満では死亡リスクは減少するとされる。つまり、サッカーで心疾患死リスクの代表である「血圧」「体脂肪(肥満)」、そして「安静時心拍数」の三つが改善されたワケ。まさにハットトリック!! なのだ。

 研究者は、サッカーが高血圧患者の心疾患死を予防する効果を示した初めての報告とし、「慣例的な医師のアドバイスより、よほど効果が期待できそうだ」と付け加えている。ちなみに、一般的な有酸素マシンで運動した際もサッカー群は心拍数が安定し、体脂肪燃焼率も向上していた。身体が思うように動くのだから普通のエクササイズも楽しい。

 ということで「同じ(サッカー)阿呆なら、蹴らにゃ損損」なのだが、イキナリきつめの運動はご法度。確実に関節を痛めます。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

週刊ダイヤモンド

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧