ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界がもしご近所さんだったら

「歩かないお金持ち」増加で世界一の渋滞発生中!?
沖縄に似た国に住むバングラデシュ人の驚くべき実態

まがぬまみえ
【第1回】 2012年11月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 メディア論で知られるマーシャル・マクルーハンは1960年代、「グローバル・ビレッジ(地球村)」という概念を提唱し、世界中にセンセーションを巻き起こしました。情報化によって人々の中枢神経はつながり、世界はやがて1つの村のようになるという彼の予言は当初、ユートピア幻想のように語られていましたが、インターネットの普及と経済のグローバル化によって、それは現実のものとなりました。

 村で暮らしたことのある方ならば、人々の温かさと同時に窮屈さも実感したことがあるかも知れません。ましてや、村人の多くが未知の外国人だったとしたらどうでしょう?

 言葉やしきたりの違いから、悩ましい問題にも直面します。マクルーハンは実際、グローバル・ビレッジの本質は分裂であって、融合ではない、とも指摘しています。物理的・経済的に距離が近づくほど、人々の心理的・文化的な摩擦は大きくなっていくという訳です。

 たとえば、こんな場面を想像してみましょう。

 取引先の社長がインド人だったならば、やはりカレーで接待するべきか、それとも日本食に誘うべきか。些細なことだと思うでしょうが、当事者にとっては切実です。豚肉を食べないイスラム教徒に豚骨ラーメンを勧めたばかりに、せっかくのビジネスチャンスをふいにしたくはないものです。

 逃したくないビジネスチャンスは、バングラデシュにもあります。

 国土は日本の約4割、人口は日本よりやや多い約1億4000万人が暮らす小さな国。都市国家を除けば、人口密度は世界一とも言われているこの国にはいったい、どんなビジネスチャンスとご近所づきあいの秘訣が隠れているのでしょうか?

 日本で暮らす、日本語ペラペラのバングラデシュ人に聞きました。

☆       ☆

バングラ人はとにかく日本好き!
「いいモノ」の代名詞はトヨタ車、日立の冷蔵庫

 「ネクストイレブン」と呼ばれる新興国の中でも、比較的安定した成長を続けているバングラデシュ。コメやジュートの栽培を中心とする農業国だが繊維業を中心に工業化が進み、近年は金融業も活発化している。マイクロファイナンスの先駆者として知られるグラミン銀行、世界最大のNGOと言われるBRAC(バングラデシュ農業向上委員会)も、この地で生まれた。過去5年間の経済成長率は平均して6.2%である。

 そんな国で生まれたホセイン エムディ カマルさん(31歳)が留学生として来日したのは2006年。日本語学校やアパレル関係の専門学校で学び、日本でEコマースを手がける会社に勤務した後、2011年7月に株式会社「クリエイティブ」を設立。現在は、その代表取締役兼エグゼクティブパートナーとして日本企業のバングラデシュ進出などを支援している。

 オフィスは東京都葛飾区にあり、私生活ではバングラデシュ人の妻と1歳の子どもの3人暮らし。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


世界がもしご近所さんだったら

メディア論で知られるマーシャル・マクルーハンは1960年代、「グローバル・ビレッジ(地球村)」という概念を提唱し、大いなるセンセーションを巻き起こしました。世界がやがて1つの村のようになるという彼の予言はすっかり現実のものとなり、わたしたちに様々な意識変革を迫っています。

物理的・経済的に世界との距離が縮むほど、心理的・文化的には目に見えない摩擦が増えていくもの。村におけるご近所づきあいのコツは、信頼できる茶飲み友だちに聞くのが一番。という訳で、“村の掟”に詳しいご近所さんやその道のツウを探し、訪ねてみることにしました。21世紀を生きるビジネスパーソンには欠かせない、世界との良好なつきあい方を探っていきます。

「世界がもしご近所さんだったら」

⇒バックナンバー一覧