ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

インターネット調査で最大規模の会員数
他社との提携で1000万人調査を実現
クロス・マーケティング社長 五十嵐 幹

週刊ダイヤモンド編集部
【第212回】 2012年11月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Masato Kato

 企業が新しい商品やサービスを世に送り出す際、規模や動向といった市場調査を行い、データを集計・分析するマーケティング調査。市場ニーズを知ることで的確な経営判断につなげるのが狙いだ。

 かつては対面やアンケート方式で実施されていたマーケティング調査だが、インターネットの普及により身近で手軽なものになった。

 クロス・マーケティングは、このインターネット調査の分野で1000万人という業界最大規模の調査対象者を抱える企業だ。

 同社が直接抱える会員数は140万人にすぎないが、残りは4~5社のネット関連企業と提携して集めた。

 今、1000万人の数字は大きな意味を持つ。というのも、昔に比べて、マーケティング調査の需要は細分化されつつあるからだ。

 1990年代まで、企業が発売する新商品やそれに伴う市場調査は、年齢や属性を問わず、マスを対象にしたものが主流だった。

 しかし、今では年代や属性を絞り込んだマーケティング調査を基に、商品化やプランニングをする企業が増えている。

 細かい属性を捉えた市場調査となると、100人にヒアリングするためのサンプル数は1万人では不十分で、10万、20万の数が必要になるのだ。

 マーケティング調査が細分化しつつある現代において、同社の業界最大規模という調査対象者の数は強みになっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧