ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
初心者でもできる安心投資の鉄則
【第2回】 2007年10月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
金田健志郎

シロウトは身の丈にあった投資を心がけよ!

1
nextpage

 週刊誌や単行本からテレビやラジオまで、最近のメディアの動向を見ていると、「絶対に儲かる××売買」とか「半年で資産が2倍になる魔術」とか、とてもおいしい話が転がっているように見えます。でも、本当にそんなに簡単に儲かると思いますか? シロウトが投資を始めて半年で資産が本当に2倍になると思いますか?

 答えは「ノー」です。

 そりゃ、中には、株価が落ち込んでいたときに、たまたまお金に余裕があって、超ラッキーにも、しこたま株を買い込んだという人は、少しは儲かっていると思いますが、それでも2倍、3倍なんて、まずありえません。そんなに儲かっている人がいたら、まずインサイダー取引ではないかと疑いますね。そんなの考えられないからです。

 ぼくのいる金融の世界には、有名大学を出た非常に優秀なファンドマネジャーのプロフェッショナルがいっぱいいます。そういうプロのファンドマネジャーが100人いたとして、そのうち何人が儲かっていると思いますか? 実は、

  プロ100人中95人は損をしています。

 これは、これまで長年の間、投資ビジネスをやってきたぼくの印象です。知り合いがもし運用会社にいるなら、聞いてみてください。おそろしいくらいピッタリ当たっているはずです。ぼくのまわりでもそうです。株で数千万円の損を抱えて、まだ塩漬けにしている(損をした株を漬物のように長く持っているような)人も数名います。それじゃあ、どうして儲かった人の話をよく聞くのでしょうか? それは、

  儲かった人しか話をしないから

 です。「おれ、100万円損をしたんだ」なんてみんなに言い回る人がいますか? ご自分に立場を置き換えてみてください。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



金田健志郎

国内外の著名金融機関にて、株式、債券、為替、デリバティブといったさまざまな投資に携わってきた経験を通じ、独自の投資スタイルおよび投資哲学を確立。高度な技術をベースとしつつ、長期の定性判断に100%こだわった投資手法による、リスクを抑えた高収益の運用が特徴。現在も巨額の資金運用に従事している。米国証券アナリスト(CFA)。


初心者でもできる安心投資の鉄則

はじめの投資は安全第一!安心してできる投資法にトコトンこだわりました!大手金融機関のプロが、自分の会社でも薦めない投資商品をこっそり教えます。

「初心者でもできる安心投資の鉄則」

⇒バックナンバー一覧