ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
初心者でもできる安心投資の鉄則
【第7回】 2007年11月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
金田健志郎

インフレ時代に突入か?
――インフレヘッジできる投資先を探せ!

1
nextpage

 これまで、投資初心者のための基本ルールをいくつかご紹介してきました。ここまで読んで、「よし、いろいろと勉強してみよう!」とアイデアが湧いてきた人は、

 この連載を何度も読んで本質をつかんだうえで、自分なりの投資スタイルを確立

してガンガン儲けてください。シロウトであっても、ちゃんと勉強し、アイデアを持って投資すれば、そこらのプロには負けないはずです。

 反対に、この本をここまで読んできて、「ああ、投資って面倒だなあ。勉強するのは大変だなあ。何か一攫千金を狙える投資はないのかなあ?」と感じた人は、

 銀行預金に限る

と思います。確かに預金は金利が低いし、面白くないし、メリットがないように感じるかもしれません。ただ、国が1000万円まで保護してくれるし、元本割れの心配もないので、安心して自分の本業ビジネスに打ち込めます。そういうタイプの人が投資でリスクを負うのはお薦めできません。それよりも本業でがんばって儲けるのが一番だと思います。

これまでは銀行預金で
大儲けできた?

 とはいえ、これまで全資産を銀行預金で持っていた人はかなり多いのではないでしょうか? このような人は、かなり得をしていたと言えます。「え? 利息もほとんどついていないのに、得をしていたってどういうこと?」と怪訝な顔をする人もいるかもしれません。実は、これまでのように

 物価が下がっていくデフレの時代には、預金が最高の投資先

だったのです。デフレとは、デフレーションの略で、モノの値段が下がり続けることです。例えば、100万円したパソコンが10万円になる、1億円の住宅が2000万円になるというように、デフレによってモノを持っている人の資産価値は大きく下がり、現金の価値が高くなることを言います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


金田健志郎

国内外の著名金融機関にて、株式、債券、為替、デリバティブといったさまざまな投資に携わってきた経験を通じ、独自の投資スタイルおよび投資哲学を確立。高度な技術をベースとしつつ、長期の定性判断に100%こだわった投資手法による、リスクを抑えた高収益の運用が特徴。現在も巨額の資金運用に従事している。米国証券アナリスト(CFA)。


初心者でもできる安心投資の鉄則

はじめの投資は安全第一!安心してできる投資法にトコトンこだわりました!大手金融機関のプロが、自分の会社でも薦めない投資商品をこっそり教えます。

「初心者でもできる安心投資の鉄則」

⇒バックナンバー一覧