ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
銀行も不動産会社も教えてくれない、正しい住宅ローンの選び方
【最終回】 2012年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
深田晶恵

史上最低金利到来で、借り換えのラストチャンス!
金利2%以上の住宅ローンを持っている人は、
借り換えでトクしよう!

1
nextpage

2012年12月の住宅ローンにおける10年固定金利は、ついに1.3%と史上最低の水準に!ローン金利がこんなに下がっている今は、住宅ローン見直しの好機。見直し方次第では、老後に不安を残さないローンに変身させて、利息負担を減らして「安心」と「おトク」の両方を手に入れることができます。「銀行も不動産会社も教えてくれない、正しい住宅ローンの選び方」、最終回は住宅ローンの見直し法をご紹介します。

ローン見直しで「安心」と「おトク」を手に入れるチャンス到来!

深田晶恵(ふかた あきえ)  ファ イナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。1967年、北海道生まれ。外資系電機メーカーを退職後、96年にFPに転身。日本経 済新聞、日経WOMAN、日経ビジネスAssocie等でマネーコラムを連載中。国土交通省「住宅ローン商品改善ワーキングチーム」および「消費者保護の ための住宅ローンに係る情報提供検討会」、住宅金融普及協会「住宅ローンアドバイザー運営委員会」委員を歴任。こうした委員会で金融機関と不動産事業者に 住宅ローンのリスクの説明を義務づけるガイドライン作りを提唱するのが目下のライフワーク。主な著書に『30代で知っておきたい「お金」の習慣』『「投資 で失敗したくない」と思ったら、まず読む本』他多数。
twitter:
http://twitter.com/akiefukata
生活設計塾クルー http://www.fp-clue.com/

 住宅ローン金利が一段と低下している今は、ローンの見直しのビッグチャンスが到来しているといえます。

 すでに住宅ローンを組んでいる場合、65〜70歳まで返済が続く予定になっている方が多いのではないかと思います。借りる時は、「60歳で退職金が出るから、それで完済すればいいだろう」と考える方が少なくありません。

 しかし「60歳で完済するつもり」の人も、「60歳時点でローン残高がいくらになりそうか」は把握していないもの。私はこれまで、60歳に近づいてから「思ったよりローン残高が減っていなかった」と慌てる方をたくさん見てきました。

 実際、60歳時点で住宅ローンが1000万〜1500万円程度も残るケースは珍しくありません。退職金の大半を住宅ローンの完済にあてることになれば、老後の生活への影響は甚大です。

老後を心配するのなら、60歳までに
住宅ローンの完済を目標に!

 昨今は老後不安を口にする方が増えていますが、その一方で住宅ローンが退職金をアテにした返済プランになっているとすれば本末転倒。

 特に公的年金が65歳まで受け取れない世代は、60〜65歳の生活資金の手当ても考えなくてはならないのですから、住宅ローンはできる限り60歳までに完済して退職金を手元に残すことが重要なのです。

 「そういえば70歳完済のプランになっていたな……」などと不安になった方も、今すぐ住宅ローンの見直しに着手すれば間に合います。低金利を味方につけ、ちょっとしたコツを活用し、老後に負担を残さないローンに変身させましょう。「安心」が手に入るのはもちろん、今、見直しを実行すれば、「利息」がぐっと減るのでおトクです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


深田晶恵 

ファイナンシャルプランナー(CFP)、(株)生活設計塾クルー取締役。

1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。20年間で受けた相談は4000件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、レタスクラブ等でマネーコラムを連載、ほかにダイヤモンド・オンラインでの『40代から備えたい 老後のお金クライシス!』のネット連載も 好評。

主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』、『投資で失敗したくないと思ったら、まず読む本』『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』、『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。
1967年北海道生まれ。外資系電器メーカー勤務を経て96年にFPに転身。現在は、特定の金融機関に属さない独立系FP会社である「生活設計塾クルー」のメンバーとして、個人向けコンサルティングを行うほか、メディアや講演活動を通じて「買い手寄り」のマネー情報を発信している。18年間で受けた相談は3500件以上。日本経済新聞、日経WOMAN、ダイヤモンド・オンライン等でマネーコラムを連載中。
主な著書に『30代で知っておきたいお金の習慣』『投資で失敗したくないと思ったらまず、読む本』、『住宅ローンはこうして借りなさい 改訂5版』(共にダイヤモンド社)(共にダイヤモンド社)、『共働き夫婦のための「お金の教科書」』『図解 老後のお金安心読本』(共に講談社)他多数。


銀行も不動産会社も教えてくれない、正しい住宅ローンの選び方

本連載は、累計11万部突破の『住宅ローンはこうして借りなさい』の最新版、改訂4版より、最新情報をピックアップしてご紹介。史上最低金利に突入、さらに銀行間の競争によって多彩になった住宅ローン。しかし住宅ローンはいわゆる借金。きちんとした知識がないと借りすぎてしまう可能性も!家を買う前にぜひ読んでもらいたい1冊です。

「銀行も不動産会社も教えてくれない、正しい住宅ローンの選び方」

⇒バックナンバー一覧