ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ヒッグス粒子を追え!
【第2回】 2012年12月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
陣内 修 [東京工業大学大学院准教授]

ヒッグス粒子発見とノーベル賞獲得をめぐる
天才学者たちの泥臭い人間ドラマ

1
nextpage

人類最高の頭脳をもつ天才物理学者たち。彼らは半世紀にわたってヒッグス粒子の発見を競ってきました。その過程で繰り広げられた、あまりにも泥臭い人間ドラマ──。『ヒッグス粒子を追え』ではその赤裸々な姿が詳細に描き出されます。
監訳者である東京工業大学准教授・陣内修氏に、そうした側面から本書の魅力を語っていただきました。

天才たちの前にたちはだかる
難攻不落の壁

『ヒッグス粒子を追え』は、標準模型が確立され、ヒッグス粒子の存在が起案された1960年代、および1970年代を軸に話が展開されます。

 それ以前の1930年代に、粒子間の力を説明する理論として「量子電磁力学」というものが生まれました。ところが最初は有望であると思われていたこの理論に、どうやら問題があるらしいことがわかってきたのです。基本となる近似計算を超えて、より正確な高次の計算を実行しようとすると、その答えが「無限大」となってしまうのです。

 この問題が残されたため場の量子論は一時歩みを止めてしまうことになります。数多の科学者がこの難問の解決に挑みましたが、答えは見つかりませんでした。この難攻不落の問題を本書では「無限大のパズル」と呼んでいます。

 同時に課題になったのが粒子の質量の問題です。当時の標準模型で考えると、粒子は質量を持たないことになるのですが、現実に存在する粒子は質量を持っています。これらの謎に、時代を代表する天才物理学者たちが果敢に挑むことになります。

 彼らがいかに理論を体系化し手なずけていったか、本書ではその歴史過程を徹底的にドキュメンタリー化しています。その謎の最後の鍵が「ヒッグス場」であり、物語はヒッグス粒子を探せという方向に展開していきます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
最新の科学でわかった! 最強の24時間

最新の科学でわかった! 最強の24時間

長沼敬憲 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
生物学、脳科学、医学で次々と解明されてきている、人間の心身を支配する生体リズムの仕組み。健康管理から勉強、ビジネスに至るまで、人間のあらゆる行動に存在している、それをするのに最適な時間を理解すれば、何事にも効率的かつ確実に目的を達成することが可能になる。

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、5/14~5/20)



陣内 修 [東京工業大学大学院准教授]

東京工業大学大学院理工学研究科基礎物理学専攻准教授・博士(理学)。1972年生まれ。東京大学大学院博士課程修了後、理化学研究所ポスドク、高エネルギー加速器研究機構助教などを経て2009年より現職。専門は高エネルギー素粒子実験。LHC/アトラス実験との出会いは大学院修士課程時(1995年)に遡る。現在、国際共同実験アトラスの研究者・大学院生たちと協力して、ヒッグス粒子・超対称性粒子などの探索を遂行している。


ヒッグス粒子を追え!

近年最大の科学的成果「ヒッグス粒子」の発見。この偉業の裏には、天才物理学者たちが繰り広げた数々の驚くべきドラマがあった。まさに事実は小説より奇なり。『ヒッグス粒子を追え』は、それらを余すところなく描いた一冊。その読みどころを監訳者の東京工業大学准教授・陣内修氏が解説する。

「ヒッグス粒子を追え!」

⇒バックナンバー一覧