ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あの人の注目トピックは?2013年を占う5つのポイント

アジアの成長と航空需要に注目
オープンスカイ政策は脅威でなくチャンス
――全日本空輸社長 伊東信一郎氏

【第3回】 2013年1月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2012年はまれに見る政治の年だった。日米中露仏韓と世界の主要国で、政権が替わるか、新政権が発足した。それを投影して経済も不安定だった。さて、安倍新政権は、対外的には日中、日韓の関係改善という難題を抱える一方、大幅な金融緩和と財政出動を掲げてスタートを切る。政府部門はGDPの200%にも達する借金を抱え、再生は容易な道ではない。「巳年」の巳は草木の成長が極限に達して、次の生命が創られることを意味するという。果たして、日本は再生の糸口を見つけらるのか。そうした状況下、2013年を予想する上で、何がポイントになるのか。経営者、識者の方々にアンケートをお願いし、5つののポイントを挙げてもらった。

いとう・しんいちろう
1950年生まれ。74年3月九州大学経済学部卒業、4月全日本空輸入社、99 年社長室事業計画部長、2001人事部長、2003 年執行役員・営業推進本部副本部長兼マーケティング室長、2004 年常務取締役執行役員、2006 年専務取締役執行役員、2007 年代表取締役副社長執行役員、2009 年4月代表取締役社長。
Photo by Masato Kato

①中国リスク、欧州経済不安等の状況

理由:中国については、ビジネス需要を中心にかなり戻ってきているが旅行はまだまだである。もともと冬の中国の旅行需要は少ないが、2月の春節で戻るかどうかであると見ている。一連の政治の状況も航空需要とは関係があるので、注目している。

 様々なリスクの影響を受けやすい航空業界だが、欧州・北米・アジア・中国等、一地域の収入比率が高まり過ぎないようにしている。また、北米・アジア間の乗り継ぎ需要など、キャッチメントエリアを広げ、様々な国籍のお客様にご搭乗頂くようにしており、1地域の影響が最小になるよう心がけている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


あの人の注目トピックは?2013年を占う5つのポイント

昨年末に日本・中国・韓国で指導者の交代があり、内政・外交両面で政治的に不確定要素を多くはらんだ状態でスタートする2013年。世界は、日本はいったいどのような変革に見舞われるのだろうか。企業経営者、識者の方々に、アンケート方式で、5つのポイントを挙げてもらった。

「あの人の注目トピックは?2013年を占う5つのポイント」

⇒バックナンバー一覧