ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
生活保護のリアル みわよしこ

なぜ自民党に“先祖帰り”してしまったのか
元民主党政策秘書が語る生活保護改革への危機感

――政策ウォッチ編・第9回

みわよしこ [フリーランス・ライター]
【政策ウォッチ編・第9回】 2013年1月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

年が明け、第2次安倍政権が本格的に動きはじめた。動きの中には、生活保護政策の見直しも含まれている。

今回は、昨年12月の衆議院選挙で落選した民主党議員のもとで政策秘書を務めていた人物の、現在の思いと今後の展望を紹介する。内部から見た民主党政権の3年半と、生活保護への思い、自民党が行おうとしている社会保障改革への思いは、どのようなものであろうか?

 今回は、予定を変更し、元民主党議員のもとで政策秘書を務めていた人物へのインタビューを中心に紹介する。予定では2013年1月9日に開催される社会保障審議会・「生活困窮者の生活支援の在り方に関する特別部会」レポートのはずであったが、この特別部会の開催が1月16日へと延期されたからだ。

なぜ、自民党は圧勝し、
民主党は後退したのか?

元政策秘書・村田寿理さん。衆議院選挙の結果を示す2012年12月17日の新聞を手に、政治と社会保障への思いを語る

 「なぜ、年末の衆院選で、自民党がこんなに圧勝したんだと思いますか? 民主党の議員はこんなに落選したんだと思いますか? 日本未来の党が選挙結果ではボロボロだったんだと思いますか? なぜ、都知事選で宇都宮健児さんが落選したんだと思いますか?」

 今回の衆議院選挙で落選した民主党議員のもとで政策秘書を務めていた村田寿理さん(仮名・53歳)は、開口一番、筆者に問いかけた。なぜだろう? 自分自身、民主党政権に続投してほしいとは思わなかった。といって、自民党政権に復活してほしいとも思わなかった。「実行力やリーダーシップは全然期待できないなあ」と思いながら、第三極のうち福祉施策への熱意を示している政党を、消極的に支持していた。それは、候補者の当選にはつながらなかった。

 黙りこむ筆者に、村田さんは、

 「世論操作だとか投票率が低かったからだとか、いろいろ言われていますけど、結局、選挙民をキャッチできていなかったんだと思いますよ」

 と語った。

 村田さんによれば、今回、敗退した政党や候補者が最も「キャッチできていなかった」のは、いわゆる「ロスジェネ」なのではないかという。就職氷河期以後に社会に出る巡り合わせとなった、現在、概ね30代の人々だ。非正規雇用の問題が表面化し始めた最初の世代である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みわよしこ [フリーランス・ライター]

1963年、福岡市長浜生まれ。1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。主な守備範囲はコンピュータ全般。2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。現在は電動車椅子を使用。東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。日常雑記ブログはこちら


生活保護のリアル みわよしこ

急増する生活保護費の不正受給が社会問題化する昨今。「生活保護」制度自体の見直しまでもが取りざたされはじめている。本連載では、生活保護という制度・その周辺の人々の素顔を知ってもらうことを目的とし、制度そのものの解説とともに、生活保護受給者たちなどを取材。「ありのまま」の姿を紹介してゆく。

「生活保護のリアル みわよしこ」

⇒バックナンバー一覧