ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!

暴落こそチャンス!サブプライム逆張りで予想的中

吉川英一 [個人投資家]
【第5回】 2007年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回(12月3日公開分)、この連載を書いていたのが、11月17日だった。運悪く、ちょうどメリルリンチやシティバンクがサブプライム関連で追加損失を発表し、アメリカの金融機関の不良債権が20兆円に拡大するとの懸念が広がったときだ。

 サブプライムショックの第3弾が、ここから始まったのである。ニューヨーク市場はもとより、株安の連鎖が世界を駆けめぐり、日本株の下落率は最大となってしまった。

底を打ったか、まだ下げるか?
「怖いところが買いの極意」

 その暴落のさなかに、私がいつも書いているブログや掲示板でも「ぎゃぁーーー」という悲鳴が聞こえてきた。この悲鳴が聞こえてくると、決まっていつも相場は反転するのだ。だから私はあえて、前回のレポートでもサブプライムで売り叩かれた今が絶好のチャンスと書いた。

 結果は見事的中! 一般投資家が痛みに耐えかねて悲鳴を上げる日は、たいてい一致しているものだ。その日がいつも底値になる。

 11月22日の1万4669円を底に、日経平均は私がこの原稿を書いている12月7日現在、ザラ場で1万6000円まで反発したのだ。過ぎ去ってみれば、やっぱりあのときが底だったということになるのだが、普通の神経では怖くて買えないものである。

 江戸時代の米相場の格言にも「怖いところが買いの極意!」というものがある。誰もが大底を打ったのではと思いながらも、まだ下げるのではないかと恐怖におびえて、なかなか買えないのだ。そんなときこそ、果敢に買えと教えている。

暴落こそ、メンタル面を
鍛えるチャンスだ!

 私も最初のころは、暴落のさなかに買うことはなかなかできなかったのだが、そこで躊躇せず買えるようになってから、株で大きく儲かるようになった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

吉川英一 [個人投資家]

"1957年生まれ。富山県在住の個人投資家。年収360万円から低位株投資で資金を貯めて、アパート経営を開始。株と不動産で増やした資産は約2億円超。マネー誌などで指南役として活躍中。著書に『年収360万円から資産1億3000万円を築く法』『低位株で株倍々!』『不動産投資で資産倍々!会社バイバイ♪』『低位株必勝ガイド』『億万長者より手取り1000万円が一番幸せ!!』『一生お金に困らない個人投資家という生き方』(以上、ダイヤモンド社)、『一生好きなことをして暮らすための 「不労所得」のつくり方』(光文社新書)などがある。


吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!

低位株のカリスマ・吉川英一が、気になる低位株を紹介。注目銘柄がいち早くチェックできる。また、吉川流の中長期的投資テクニックが身につく。

「吉川英一の低位株で資産倍増をめざせ!」

⇒バックナンバー一覧