ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

ネットワーク社会で増える組織間のパートナーシップ

上田惇生
【第65回】 2008年6月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
実践する経営者
ダイヤモンド社刊
1800円(税別)

 「あらゆる先進国が100年以上前から従業員社会と組織社会に向かってきた。この流れが方向を変えた。働く者と組織の関係、そして組織と組織との関係において急速にネットワーク社会に向かいつつある」(『実践する経営者』)

 高学歴者のほとんどが組織で働く。しかしその多くは、現在働いている組織の従業員ではない。アウトソーシング先の社員であり、派遣社員であり、パートタイマーである。

 組織と組織の関係も変わりつつある。誰の手にも主導権がない対等の提携関係、すなわちパートナーシップが増大している。

 よい例がアウトソーシングである。ますます多くの企業、病院、政府機関が、仕事をまるごと専門企業に委託している。まもなくほとんどの組織が、自らにとって主たる収益源でない支援的な業務、トップマネジメントへの道になっていない業務のすべてをアウトソーシングするようになる。

 アウトソーシングの受託者であれ、共同研究、技術提携、合弁事業の相手方であれ、パートナーシップに対して命令はできない。信頼を得ることしかできない。

 「正しい問いは、彼らは何をしたいか、彼らの目的は何か、彼らの価値は何か、彼らのスタイルは何かでなければならない。ここでもまた、必要とされているものがマーケティングの考え方である。マーケティングでは、製品ではなく顧客からスタートする」(『実践する経営者』)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

上田惇生(うえだ・あつお) 

 

ものつくり大学名誉教授、立命館大学客員教授。1938年生まれ。61年サウスジョージア大学経営学科留学、64年慶應義塾大学経済学部卒。経団連、経済広報センター、ものつくり大学を経て、現職。 ドラッカー教授の主要作品のすべてを翻訳、著書に『ドラッカー入門』『ドラッカー 時代を超える言葉』がある。ドラッカー自身からもっとも親しい友人、日本での分身とされてきた。ドラッカー学会(http://drucker-ws.org)初代代表(2005-2011)、現在学術顧問(2012-)。

 


3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言

マネジメントの父と称されたドラッカーの残した膨大な著作。世界最高の経営学者であったドラッカーの著作群の中から、そのエッセンスを紹介する。

「3分間ドラッカー 「経営学の巨人」の名言・至言」

⇒バックナンバー一覧