ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
普通の人たちを予言者に変える「予測市場」という新戦略
【最終回】 2013年1月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐藤哲也 [静岡大学情報学部准教授]

予測市場を導入するためには
どうしたらよいか?

1
nextpage

連載最終回は、予測市場に関心を持った人が、実際にその導入に取り組む際にどうしたらよいか、仮想のケースを使って考えてみよう。
 

予測市場を始めるために

 連載最後の今回は、この連載や連載で紹介した『普通の人たちを予言者にする「予測市場」という新戦略』を読んで予測市場に関心を持った読者の方が、実際にその導入に取り組むうえで参考になることをまとめたいと思う。まとめるためには、実際に予測市場を導入する仮想のケースを作成するのがよいと思われるので、以下の設定を考えよう。

ゲーム会社のマーケティング担当が、宣伝戦略立案のために、クリスマス商戦向けゲームタイトル数本の販売開始後4週間の販売予測を行う。予測テーマは下記の2タイトルとする。
「とびだせケモノの街」
「アクティブ・サッカー2013」

 ゲームに限らず、コンテンツ販売における広告宣伝は、売れる見込みが高いものに費用をかけるのが合理的であるので、各ゲームタイトルの販売予測は極めて重要である。

 また、一般的に、ゲームの売上は予測が立ちにくいとされる。販売するタイトルのほとんどは赤字で、大ヒット作となるタイトルでその赤字を補う会社がよくあるという。というより、中小のゲームメーカーではヒットに社運がかかっているケースが珍しくないと聞く。

 国民的な原作漫画を下敷きにしたゲームでも、ゲームデザインがイマイチで評判が上がらず、販売がさっぱりということもある。一方で、最初は無名のタイトルでも口コミで評判が伝わり、意外なヒットとして売れるケースもあるというからわからない。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

坪井 賢一 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
元経済・ビジネス誌編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選!ミクロ、マクロ経済学の知識に加え、「知らないとヤバい10大経済ニュース」も紹介。これ一冊で、経済学の基本と仕事への応用、ニュースの見方、そして近代の経済史までわかる、社会人必読の経済学入門書です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/19~3/25)



佐藤哲也 [静岡大学情報学部准教授]

1972年生まれ。東京工業大学大学院修了後、シンクタンク勤務を経て、現在静岡大学情報学部准教授。専門は社会情報学、ネット選挙。研究を通じて、選挙や政治参加を活性化させるアプリケーションを開発。2007年参議院選挙より予測市場の運営に著手。現在はshuugi.inとkouna.ru(こうなる)という予測市場の実験サイトを運営。他選挙予測システム、ボートマッチシステムなども開発。


普通の人たちを予言者に変える「予測市場」という新戦略

大勢の人々の知識を集約し、経営判断や予測に用いる「予測市場」。『普通の人たちを予言者に変える「予測市場」という新戦略』は、その最新の新しい活用方法と今後の可能性を豊富な事例とともに説明する、マーケティングや戦略立案に関わるビジネスマン必読の一冊である。その「予測市場」の秘められた可能性について、本書の解説を担当した静岡大学准教授・佐藤哲也氏がわかりやすくお伝えする。

「普通の人たちを予言者に変える「予測市場」という新戦略」

⇒バックナンバー一覧