ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
35歳からの「転職のススメ」

すぐに改革を始めれば絶対に嫌われる!
転職者をおとしめるプロパー管理職の嫉妬心

高野秀敏 [株式会社キープレイヤーズ代表取締役]
【第18回】 2013年1月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 マネジャー、部長、役員などの立場にありながら転職をされる方が、昨今、非常に増えています。また、先行きな不透明な時代とはいいながらも、成長している会社は数多くあります。そこで、転職される役職者の方の多くは、そうした成長企業のさらなる発展のためにスカウトされているのです。

 また、業績や組織において課題を抱えている会社においても、管理職採用のニーズがあります。例えば、新規事業を始める必要があり、その分野の知見のある方をヘッドに据えたい。または、コストを適切にカットし、これからの自社にとって本当に必要な方が評価されるような仕組みに変えたい。そこで人事制度に詳しい経験豊富な方に来てもらいたいといったようなニーズがあるわけです。

 管理職として転職しますと、多くの自信のあるメンバーは、平静を装いながらも、内面では、「どのくらいできるものなのかな?」「うちの会社は特殊だから」などという思いを腹に抱え、お手並み拝見となることもしばしば。嫉妬というと男女の人間関係においてよく使われる言葉のような気もしますが、仕事における嫉妬も非常に恐ろしいものがあります。

 直接口に出して言ってくれたり、表情に出ていたりするのであればまだいいのですが、平静を装うどころか、いつも笑顔で接してくることもあります。そこで転職者の皆さんには、転職を失敗させないために以下のことをお願いしております。

「前の会社はこうだった」と言わない

 よくあるのが大企業からベンチャーに転職しますと、「前の会社はこの点がよかった。なんでうちの会社はこれがないのだろうか」ということを平気で、またはついつい口に出てしまうことです。

 「郷に入れば郷に従え」。最初から厳しい指摘、批判をしても何も変わりません。もちろん具体的な課題に対して、お金もかけずにすぐに実行できるようなものであれば指摘をしても構いませんが、会社の規模によって違いがありますので、まずは様子を見ながら、慣れる必要があります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高野秀敏 [株式会社キープレイヤーズ代表取締役]

宮城県生まれ。東北大学経済学部卒業後、人材総合サービス・株式会社インテリジェンスに入社。同社にて人材紹介事業の立ち上げに参画し、営業、企画、カウンセリングを行う。その後、キャリアコンサルタントチームの運営と教育を任され、人事部採用担当として、数百人の学生、社会人と面談。キャリアカウンセリングによって適職へと導いた人材は3500名超、キャリア講演回数は100回以上に達する。インテリジェンス退社後、2005年1月、個人と企業をマッチングする人材サービス・株式会社キープレイヤーズを設立。著書に『絶対に後悔しない転職先の選び方』などがある。


35歳からの「転職のススメ」

現在、2人に1人が転職する「大転職時代」が到来しているにも関わらず、30代後半以上のビジネスパーソンの多くは「自分は転職なんて無理」と思っていないだろうか。しかし、実際は35歳以上でも十分転職できるとしたら…?本連載では、35歳以上のビジネスパーソンに対して、35歳からの転職の現状と、転職によって自分のキャリアや能力を見つめ直す重要性を説いていく。

「35歳からの「転職のススメ」」

⇒バックナンバー一覧