HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

1日卵3個が効果的!?
コレステ食品の汚名返上か

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第134回】

 コレステロール含有量が高い、として脂質異常症患者は「避けるよう」指導されてきた卵。1日1個までと制限されている方も多かろう。内臓脂肪型肥満のメタボ親父なら、なおさらである。ところが先月、「メタボリズム」という医学雑誌に載った研究によれば、メタボリック症候群患者の減量食に全卵を加えると、脂質バランスが改善され、糖尿病の原因となるインスリン抵抗性が改善されたというのである。

 試験では、メタボの中高年男女に炭水化物を制限した減量食と毎日3個の全卵、または代用卵を12週間続けてもらった。全卵を食べている場合、試験開始前の2倍以上のコレステロール量を摂取している計算になる。炭水化物の制限量は総エネルギー比率25~30%まで。ちなみに身体活動レベルが普通程度の日本人男性の食事摂取基準(50~69歳)で計算してみると、ご飯は茶碗に軽く2杯が1日の上限。まぁ、痩せるだろうことは想像できる。

 はたして12週間後、被験者の血清脂質を検査した結果、全卵を食べていたグループは代用卵グループより有意に善玉コレステロール(HDL)が上昇し、悪玉コレステロール(LDL)が減少。何より動脈硬化性疾患リスクと関連する「LH比」が有意に改善された。1日に3個も卵を食べていたにもかかわらず、である。インスリン抵抗性を示す「HOMR-IR」も下がっていた。

 一昔前まで卵は完全栄養食と見なされていた。実際、天然自然の卵には必須ビタミンとミネラルが含まれている。他の食品では摂りにくいビタミンDも豊富だ。また、卵黄に含まれるルテインは優秀な抗酸化物質。近年は失明の原因となる加齢性黄斑変性症の予防効果が注目されている。

 とはいえ、やみくもに卵を食べればいいワケではない。今回の結果も炭水化物制限とセットという点をお忘れなく。要はバランスなのだ。さて、卵が最も本領を発揮するのは朝食時。良質のタンパク質が「体内時計」をリセットし1日の代謝リズムを整えてくれる。卵付きのおいしい朝ご飯は健康(と家庭円満)の秘訣なのです。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

週刊ダイヤモンド

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧