ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』(秘)裏話!
【第1回】 2013年2月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
戸田 覚 [ビジネス書作家]

ボツになった企画を復活させて
大ヒット商品にする方法

1
nextpage

今回から3回の連載で『新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』の取材で見えた企画のテクニックをご紹介しよう。取材時にインプットできた裏話も交えて話を進めていくつもりだ。
第1回目は、ボツになった企画をよみがえらせる方法である。『新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』に収録した商品のなかにも、そうした苦難を乗り越えて大ヒットを実現したものがいくつもある。
一度くらい企画がボツになっても落ち込む必要はまったくない。大切なのは、再チャレンジする際に何が必要かを知って実践することだ。

よみがえりを狙うべき企画と
諦めたほうがよい企画

 まずは、ボツになった企画書を2つのパターンに分けて考えよう。 図1をご覧いただきたい。パターンAは、企画の内容そのものがダメだと判断されたケースだ。企画提案者もその判断に納得できるのであれば、よみがえらせることは諦めよう。ジャッジが変わる可能性は少ないし、提案者が自信を持てないものをゴリ押ししても意味はない。頭を切り替えて、早く別の企画を考えたほうがよい。

 よみがえらせるべきなのは、パターンBである。内容が正しく伝わっていないということは、「企画」としてはアリかもしれないが、「企画書」に問題があるのかもしれない。

 そもそも、内容が正しく伝えられない時点で「企画書」としてはアウトである。あなたの作った企画書やスライドは、果たすべき役目を果たせなかったのだ。ダメな企画書のせいで、素晴らしい「企画」が正しくジャッジされないのは余りにももったいない。

 そもそも、企画書の役目が「企画を通すこと」だと思ったら大間違いだ。それはあくまでも結果であって、企画書の真の役目は「企画を正しくジャッジしてもらうこと」にある。

 そのためには、伝えたいことを100%反映させた企画書にするのが重要だ。企画内容がきちんと伝わらずに、「わからない」とか「これが売れるのか?」と、説明する相手が疑問を呈しているようでは失格だ。

 もちろん、企画書がダメなだけでなく、相手がその内容に関する知識をもっていない可能性もある。だが、「わかってくれない」と泣き言を言っても始まらない。その相手が企画可否の権限を持っているのであれば、わかってもらう工夫をするしかない。相手のレベルや関心に合わせて「伝わる企画書」をつくるのは、提案者の大切な仕事なのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


『新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』(秘)裏話!

どんなヒット商品でも、その誕生の裏には必ず興味深いドラマが存在します。『新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』の取材過程で見聞きしたそんなマル秘エピソードを短期集中連載で大公開! さらには、そこから浮かび上がってくる企画立案のテクニックも紹介します!

「『新・あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』(秘)裏話!」

⇒バックナンバー一覧