ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

激増するPM2.5、「癌の村」続々発覚……
改善への道筋が見えない中国の環境汚染

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第120回】 2013年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中国で大騒ぎとなったPM2.5問題。今年1月12日、北京ではPM2.5の数値が、24時間平均で1立方メートルあたり456マイクログラムにまで跳ね上がった。国が指定する基準値は35マイクログラム、その13倍である。北京だけではない。この1月だけで中国の30都市で合計4回のスモッグが発生し、深刻な大気汚染が問題となった。

 車両増による排気ガス、厳冬による家庭用ボイラー使用の増加、その際の石炭消費の増加、工場からの汚染物質の排出、そして当時の気象条件など、それらがこのスモッグ発生に結びついたと言われるが、なぜ1月に集中して起きたのか、その原因はいまだ明らかになっていない。

観測データ公開すら
緒に就いたばかり

 そもそも中国では、2011年から公害問題への関心が高まり、PM2.5に関心が持たれるようになっていた。翌年、政府は北京や天津、また長江デルタ地帯や珠江デルタ地帯を中心に粒子状物質の観測を強化し始めたが、肝心なデータが公表されず、国民をさらなる不安に陥れていた。

 今でこそ、上海、南京はデータ公開に踏み切ったが、上海、南京の過去3年(08~11年)の平均値はそれぞれ1立方メートルあたり63マイクログラム、53マイクログラムと、WHO(世界保健機構)の年平均基準(10マイクログラム)をはるかに超えている。中国500都市でWHOの基準を下回る都市は1%に満たないとも言われ、NASA(アメリカ航空宇宙局)の観測では地球上のPM2.5による汚染は、中国の華北・華東地区が最もひどい状況であることを告げている(参考:NASA)。

 筆者は、浙江省杭州市郊外、湖南省長沙市、内モンゴル自治区オルドス市に住む友人に、それぞれ電話をかけて聞いてみた。「そこから太陽が見える?」との問いに、苦笑まじりの「没有(見えないよ)」という回答だ。3都市とも、現地の空気は「いつも灰色に濁っている」という。

 隣国中国の大気汚染は相当ひどい状態にある。問題は今後、この大気汚染が改善するかどうか、だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧