ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

発泡スチロール再資源化の先駆者
パナ・ケミカル社長 犬飼 重平

週刊ダイヤモンド編集部
【第20回】 2008年2月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
パナ・ケミカル社長 野坂 英吾
パナ・ケミカル社長  犬飼 重平

 東京都杉並区の住宅街。その一角に慎ましやかに拠を置く、社員20人の企業が注目を集めている。プラスチック原料を扱う専門商社、パナ・ケミカルだ。主力業務は発泡スチロールのリサイクル。同分野での国内シェアは80%、売上高は55億円を誇る(2007年度予想)。

 社長の犬飼重平は、もともと貿易会社で化学薬品を扱っていた。松下電工と関係が深かったこの会社で、「身の丈経営」などの“松下イズム”をたたき込まれたという。36歳のとき、松下電工の販売代理店として独立。同社が開発するプラスチック原料の市販を担うこととなった。

 販売は好調だった。ところが設立から3年後、想定外の危機に直面する。オイルショックで、原料がまったく手に入らなくなってしまったのだ。そのとき、犬飼の目にとまったのが、発泡スチロールだった。

 当時、水産市場に鮮度保持のため発泡スチロールが急激に普及し始めていた。「あれをなんとか利用できないか」。犬飼は装置メーカーと共同で、発泡スチロールを溶かし、圧縮する機械を開発。築地市場に持ち込んだ。

 デモンストレーションを見た市場関係者は驚き、そして大歓迎した。発泡スチロールの処理は、彼らの大きな悩みとなっていたからだ。重量の割にかさばり、埋め立てには運送などのコストがかかる。かといって焼却すれば、もうもうたる黒煙が上がる。それが50分の1に圧縮されてしまうのだ。

 犬飼の説明を聞いた関係者は、さらに仰天することになる。処理後の廃材を、有償で引き取るというのである。厄介なゴミが片づき、カネになるのだから、願ってもない話だ。

 まだ「リサイクル」という言葉すらない時代だったが、築地市場を皮切りに、この装置と回収システムは瞬く間に全国に普及。今では市場のみならずデパートやスーパーなど、2000ヵ所以上が導入する。発泡スチロール以外の廃プラスチックにも対象を広げ、回収量は合わせて月6000トンに及ぶ。

“原料屋”ならではの知識と
ノウハウでマーケットを独占

 パナ・ケミカルのビジネスモデルが成功し、注目を集めるのは、“皆に利益がある”ためにほかならない。同社にとっては、処理機の販売と、再生したプラスチックの販売双方で利益を得られるうえ、原料を安定的に確保できる。装置は普及機で700万~800万円、処理能力の高い大型機となると1億円以上もするが、廃材の買い取りにより「1年半~2年で元が取れる」ため、導入に当たっての抵抗も低い。実際に「展示会で見た」「他の市場から薦められた」と、客の側から求められることが多く、「営業力もさほどいらない」という。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧