HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

血中カロテノイド濃度がポイント
野菜、果物で将来も明るい!?

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第139回】

 先月ハーバード公衆衛生大学院の「血中カロテノイド濃度が高いほど将来に対して楽観的」という研究結果が米心身医学会の機関誌に報告された。

 カロテノイドは赤、オレンジ、黄色の天然色素。すべての植物や一部の菌類などが自前で合成している。ニンジンに含まれるβカロテン、ホウレンソウのルテイン、トマトのリコペンなどが有名どころ。老化や動脈硬化の原因と見なされている「フリーラジカル」に対抗する抗酸化成分として名高い。

 同報告は、中高年世代のよりよいライフスタイルを模索して1995年から断続的に行われている「Midlife in the U.S.」の一部。今回の調査研究では、およそ1000人の男女を対象に「楽観性尺度」のアンケートを実施。また血液サンプルから血中抗酸化成分の濃度を測定した。

 その結果、楽観性が増すほど血液中のカロテノイド濃度が上昇。最も楽観的なグループは、一般的なグループより13%も血中カロテノイド濃度が高かった。ちなみに、同じ抗酸化成分のビタミンEと楽観性との関係は認められなかった。研究者は「すべてとは言わないまでも、楽観性は野菜や果物の摂取や喫煙に対する姿勢と関係した」としている。つまり、野菜や果物を食べて禁煙を心がける健康志向は、カロテノイドなど抗酸化成分の摂取につながり、ひいては心身の健康と将来に対する楽観性を高める、ということ。少々乱暴な気もするが、自分を大切に考える健康的なライフスタイルが「将来への楽観性──肯定的な結果が生じることを期待する傾向」との好循環を生み出すのは当然かもしれない。近年、楽観性が高い人は抑うつ的になりにくいことも証明されている。

 人間が日常口にするカロテノイドは50種類ほど。ほとんどが植物由来なので、生での吸収率は10%程度と低い。しかし加熱した場合、特に油で調理すると吸収率は50%以上に上昇する。その際、欧州で抗酸化の効能表示が認められたオリーブ油を使うとよいだろう。楽観性を養うには色彩が鮮やかで、オリーブ油たっぷりの地中海式ダイエットがお勧めである。

(取材・構成/医学ライター・井手ゆきえ)

週刊ダイヤモンド

関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧