ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
有機ELに賭けろ!
【第1回】 2013年3月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
城戸淳二

第1回
2013年、有機EL革命が始まる
日本に再逆転の可能性はあるか?

1
nextpage

韓国製の55インチ有機ELテレビが、2013年春以降、いよいよ発売が開始される。「この分野でも韓国勢に遅れを取った…」と見られがちだが、これからの有機ELの歴史から考えれば、実はまだ「2合目」にすぎないという。今後、テレビとは比べものにならない「ディスプレイ大革命」が有機ELによって起きる。その時にこそ、日本メーカーの勝機と活路が見えてくる、というのだ。
日韓せめぎあう有機EL市場の現状と気になる今後について、有機ELの第一人者・山形大学の城戸淳二教授に話を伺った。(構成・本丸諒)

来場者が思わずイキを呑んだ有機ELテレビの迫力

 1年ほど前の2012年1月10日、世界最大の家電見本市であるCES(Consumer ELectronics Show:アメリカ・ラスベガス)で、世界の耳目を集める新型テレビが韓国メーカーから発表され、日本の家電メーカーに激震が走った。サムスン電子とLGエレクトロニクスによって「55インチの有機ELテレビ」が展示されたのである。大型の有機ELディスプレイの初めての登場に、会場はどよめきとともに大歓声が湧き上がった。

 有機ELテレビは、映像のコントラストを左右する黒色の表現にとくに優れており、液晶テレビを継ぐ「次世代テレビの本命」とされている。厚さ数ミリという極薄デザインと、ブラックが映える美しい画面に来場者たちは度肝を抜かれたのだ。

 半年後の2012年6月、ボストンで開かれたSID(国際情報ディスプレイ学会:The Society for Information Display)でも、サムスンとLGの55インチ有機ELテレビは「これ以上の画質は必要ない」と思える美しさで人々の注目を集めた。

SID(2012年6月)に展示されたサムスンの55インチ3D有機ELテレビ。ことし2013年1月のCES2013には、ソニーとパナソニックがそれぞれ4K解像度(4000×2000画素)の56インチ有機ELパネルを発表。パナソニックでは、有機ELを印刷で塗布する手法を採用。
拡大画像表示

 

次のページ>> 有機ELとは何か
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


城戸淳二(きど・じゅんじ)

1959年、大阪府東大阪市生まれ。1984年、早稲田大学理工学部応用科学化卒業。1989年、ニューヨークポリテクニック大学大学院博士課程修了(Ph.D)、同年山形大学工学部助手。2002年、同大学教授。2010年より同大学卓越研究教授。この間、2002年~2006年までNEDO「高効率有機デバイスの開発」プロジェクトの研究総括として60インチ有機ELディスプレイの研究開発に取り組む。高分子賞、米国情報ディスプレイ学会フェロー賞など多数の受賞を受ける。著書として、『有機ELのすべて』(日本実業出版社)、『学者になるか、起業家になるか』(PHP)、『大学教授が考えた1年で90を切れるゴルフ上達法!』(角川SSC新書)などがある。ちなみに、誕生日はエジソンと同じ2月11日。


有機ELに賭けろ!

LEDとともに「究極の光源」といわれ、スマートフォンから大型テレビまで、すべてのディスプレイにおいて液晶に代わるとされている有機EL。この有機ELの技術で先行するサムスンやLGを見て、「もう日本の電機メーカーが有機ELテレビで対応しても間に合わないのではないか」と思うかもしれないが、それは大きな誤解だ。有機ELの本当の勝負は、これまでのテレビの延長線上などにはない。現在のテレビのコンセプトを変えてしまうのが有機ELの本質だからだ。有機EL開発はまだ「2合目」に過ぎないのである。「白色有機EL」を生み出し、『有機ELに賭けろ!
』を著したばかりの世界的権威が、日本企業の希望の道を紹介する。
 

「有機ELに賭けろ!」

⇒バックナンバー一覧