ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

アマゾン、楽天に殴り込み
ヤフー、通販物流参入の本気

週刊ダイヤモンド編集部
2013年3月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ヤフー傘下のオフィス用品通販大手アスクルは、早ければ今年5月からインターネット通販(EC)の物流代行サービスに乗り出す。

 これは、ヤフーショッピングの出店者向けサービスで、商品の保管から梱包、配送までを一貫して担うものである。今年7月から埼玉県で大型物流施設(延べ床面積約7万平方メートル)が稼働することに伴い、その能力をフル活用する。

 実はこの参入は、代行サービスで先行するアマゾン、楽天と「物流戦争を引き起こす」(川連一豊・ジャパンEコマースコンサルタント協会代表理事)とみられている。

 そもそもEC業界で物流が注目を集めるのは「アマゾンの急成長の要因が物流にあると認識されたことが大きい」(角井亮一・イー・ロジット代表)。アマゾンの「送料無料」や「当日配送」といった配送サービスが消費者に受け、ネットの店舗もそれを無視できなくなった。とはいえ、店舗からすれば、1割程度を占める直接物流費を下げることは容易ではない。そこにアマゾンや楽天が自社の物流網を提供しているのである。

 その点、アスクルは自社のドライバー約1400人を抱え全国で6物流拠点を展開し、法人向けに当日・翌日に配送する仕組みを整えている。梱包技術や接客にも定評があり、企業の支持を得ている。

 これを個人向け市場にも生かそうと、昨年ヤフーと業務資本提携を結び個人向け直販「LOHACO」をはじめ、今回、代行サービスにまで踏み込む。アスクルの豊田裕之取締役は「2社で商品検索から配送までできる。本気でアマゾンに勝ちたい」と話す。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧