ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊
【第3回】 2013年3月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

日本人には読ませたくない!?
アメリカを復活させたビジネス書の金字塔
『ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か』

1
nextpage

「日本で出版されると世界経済が破滅してしまう」
アメリカでベストセラーになったにもかかわらず、著者本人が日本語版の出版を15年以上許可しなかった書籍を知っていますか? 発売後、日本でも大ヒットし、シリーズ累計で100万部を突破した名作『ザ・ゴール 企業の究極の目的は何か』がその本です。ストーリー仕立てで企業の本質を解き、わかりやすくTOC(制約条件の理論)を解説、アメリカの製造業復活の原典となったとも言われる本書。著者のイスラエルの物理学者エリヤフ・ゴールドラット博士に直接取材経験のある筆者が、その交流もまじえながら『ザ・ゴール』を紹介します。

物静かな紳士とエネルギッシュな演者
ゴールドラット博士の2つの顔

『ザ・ゴール 企業の究極の目的は何か』
 2001年5月発行。担当編集者曰く「日本語版のタイトルをつけたらという声もあったが、難解な単語ではなく、刊行前から『THE GOAL』として日本で知られてもいたのでそのまま『ザ・ゴール』に決めた」。
 ストレートなタイトルを引き立たせるシンプルな装丁だが、光の加減でキラキラ光る細かいホログラムが施されている。
「ただシンプルではつまらないので、当時としては最先端の技術だった加工を使った。初版時に『サンプルになるから』と加工代を割り引いてもらったが、あまりに増刷が重なるので業者さんから泣きが入った」(担当デザイナー)とのこと。
[画像を拡大する]

 まるでユダヤ教会の礼拝にでも行くような格好で、その人物は現われました。頭には小ぶりのキッポを載せ、良く糊の効いた真っ白なシャツを着ていました。口にくわえたパイプは、どう見ても”礼拝”にはそぐわないものでしたが……。

 2008年6月、東京都心のホテルの一室。ゴールドラット博士への取材は、こうして始まりました。インタビュアーをつとめた筆者がまず口にしたのは、以下のような質問でした。

――『ザ・ゴール』シリーズの日本語版がダイヤモンド社から4冊出ていますけれども、それらの発行部数が総計で100万部を超えました。この結果に満足していますか。

 博士は答えました。
「私は科学者です。サイエンティストなので、常にアンビバレント(二律背反)なものを持っておりまして。ただ、いまのご指摘については満足しています。それが次のステップの土台となるわけです。ですから、次のステップというのはさらに大きいものであるというふうに私は思っています。達成感がより大きければ、次はもっと大きな建物を造るということになると思うんですね」

 このインタビューがきっかけで、筆者は博士の講演会を垣間見る機会にも恵まれました。会場は独特の熱気に包まれ、普段は物静かな博士が、とてもエネルギッシュで、子どものように興奮していたのが印象的でした。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鎌塚正良 [ダイヤモンド社論説委員]

1978年ダイヤモンド社入社。「週刊ダイヤモンド」編集長などを経て、現在は書籍編集局担当の取締役兼論説委員。


いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊

ダイヤモンド社は2013年5月1日に創立100年を迎えることになりました。雑誌を追う形で始まった書籍事業も、ビジネスジャンルを中心に刊行点数は1万点を優に超えています。

書籍は、その時々の経済環境や流行など世相を色濃く反映しているものが多数を占めますが、時代を超えて読み継いでもらいたい名著が、私達の書棚にはたくさん並んでいます。

本連載は100周年を記念し、普遍の名著と呼ばれる作品から、今だからこそ読みたい隠れた名作まで、有名無名織りまぜた100冊を紹介していきます。ダイヤモンド社が誇るベテラン執筆陣の、単なる書評にとどまらない論説をご期待ください!

 

「いまこそ読みたい! ダイヤモンド社100年100冊」

⇒バックナンバー一覧