ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

安倍マジックの「タネ」はどこにあるか?

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第274回】 2013年4月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

安倍マジックの「タネ明かし」
「期待」は市場にどう効くのか

 『週刊ダイヤモンド』4月6日号は、「安倍マジックのタネ明かし」の大特集を組んでいる。今やほとんど一般名詞のように使われる「アベノミクス」の仕組みの解説に、賛否両論、さらにデータを網羅している大特集なので、経済に関心のある読者は、ぜひ一冊手元に置いておかれることをお勧めする。

 しかし、タイトルに「マジック」とあることからもわかるが、アベノミクスの仕組みは、一般にもうひとつよく理解されていないように思う。

 最大のポイントは、アベノミクスの金融緩和政策で、どうして、円安・株高が起こるのか、という部分だろう。

 特集号の35ページには、市場参加者がインフレ期待を持てば、日米の物価差の縮小が起こり、これを(投機勢)が評価して、円安になる、といった説明が載っている。

 しかし、特集内の記事ではないが、22ページの野地慎氏のコラムに載っている日本国債のフォワードレートを見ると(4年後の1年物レートが0.2%程度である)、債券市場は近い将来インフレが起こると予想していないような金利形成になっている。

 前記の説明では、「インフレ期待が大事だというが、インフレにする方法がないのに、どうしてインフレ期待を持つことができるのか?」「現にインフレ期待が起きていないではないか」といった批判に対して反論しにくい。

 マジックのタネは、将来のインフレ率そのものではなく、将来の実質金利の期待値の変化にある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧