ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマルチスコープ

黒田日銀の「目標株価」を推測する

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第275回】 2013年4月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大胆な緩和の発表は上首尾だったが
総裁会見で「最大の驚き」は……。

 4月4日、日銀は、黒田東彦総裁が「これまでと次元の違う」と表現する大胆な金融緩和政策を発表した。

 発表された緩和策のメニューは、マネタリーベースの2年での2倍増、購入する国債の年限長期化、ETF(上場型投資信託)、J-REIT(不動産投資信託)の買い入れ保有額のそれぞれ2倍増など、内容的には市場の予想の範囲だが、いずれも規模が期待値を下回らないことと、一度に全ての政策を揃えたことで、総合的には強いインパクトを持つ政策パッケージになり、資本市場には「猛烈」と言っていいくらいの効果が表れた。

 週が変わっても効果は持続し、株価は1万3000円台に、ドル・円の為替レートは99円に乗った動きになっている(4月9日、午後現在)。

 過去の日銀の悪癖の1つである「戦力の逐次投入」から決別し、「市場の失望」を避けた、上首尾の発表だった。

 あえて違和感を言うなら、白川前総裁時代に、白川総裁の政策におおむね賛成してきた政策委員6人が、今度は簡単に新総裁・副総裁の路線に賛成したことに、ある種の不思議を感じるが、専門性や一貫性よりも「空気を読む」ことが大事なのが日本の組織であり、これには悪い面も良い面もある。

 今回は「結果オーライ」なので、彼らの存在意義や一貫性については問うまい。お歴々の「柔軟性」を評価しておこう。

 ところで、政策が発表された4月4日、筆者の驚きは、政策よりも黒田総裁の記者会見の発言にあった。

 黒田総裁は、記者会見の席で、日本の現在の株価は安すぎる、と言った。直接的に株価水準に言及したわけではないが、内容的には間違いなくそう言ってのけたのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマルチスコープ

旬のニュースをマクロからミクロまで、マルチな視点で山崎元氏が解説。経済・金融は言うに及ばず、世相・社会問題・事件まで、話題のネタを取り上げます。

「山崎元のマルチスコープ」

⇒バックナンバー一覧