ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ふらんす地方漫遊記

印象派画家の名画と歩くノルマンディー地方
日本人の手による「林檎の礼拝堂」も必見

みえぞう
【第4回・最終回】 2013年4月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 こんにちは、みえぞうです。

 3月から始まったこの連載も、早4回を数え、今回が最終となります。

 フランスは、地方ごとにそれぞれの歴史や文化を持っていて、とても4回では語り尽くせませんが、少しでもフランスに興味を持って「いつか行ってみたい!」と思っていただけたら幸いです。

 今回は、ノルマンディー地方についてお話しさせていただきます。

 「ノルマンディー地方」と聞いてもピンと来ない方もいらっしゃるかと思いますが、「モン・サン・ミッシェルのあるノルマンディー地方」と言えば、多くの方がご存知だと思います。

 ここは、印象派の画家に好まれた地方でもあります。今回は、日本人の人気観光地である[モン・サン・ミッシェル]ではなく、印象派の画家たちが愛したノルマンディーのルートをご案内していきます。

ノルマンディー地方と言えば、モン・サン・ミッシェル ©Atout France/Robert Palomba
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みえぞう(♀)

フランス在住歴は3年半。アラン・デュカス会長のフランスのホテルグループ、シャトー&ホテル・コレクションの日本予約センターにて予約・手配を行っている。前職で南仏&モロッコのホテル調査に奔走し、公共交通機関 をフル活用した経験を積み、今では旅行術のスペシャリストになる。食べることをとことん愛し、自他共に認めるグルメ。仕事と趣味を兼ねてフランスと日本を往来し、現在はフランス初心者から上級者の方まで、旅のお手伝いをしている。少しでもフランスの良さが伝えられればと思い、『ふらんす地方漫遊記』の連載を担当。

 


ふらんす地方漫遊記

1年間に7000万人以上のツーリストを受け入れる国=フランス。外国人観光客受け入れ人数の国別ランキング1位を誇り、ガイドブック[地球の歩き方/フランス]もエバーグリーンな人気を誇っています。フランスが、誰にとっても「一度は訪れてみたい国」「もう一度訪れてみたい国」であることは間違いありません。しかし、パリに滞在し、モン・サン=ミシェルを訪れるようなありきたりの旅ではもったいない。「他の人とは一味違うフランス旅行をしてみたい!」「フランスの古城に一度でいいから泊ってみたい!」「ビストロやブラッセリーで至福の時を過ごしたい!」――そんな人のために、「地球の歩き方 旅プラザ」スタッフのスペシャリストが、フランスの地方別に見どころをピックアップし、[大人の旅]を紹介します。

「ふらんす地方漫遊記」

⇒バックナンバー一覧