ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週のキーワード 真壁昭夫

死してなお愛憎分かれる“鉄の女”は誰がつくったか?
サッチャリズムが残した光と影に日本が学ぶべきこと

真壁昭夫 [信州大学教授]
【第272回】 2013年4月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

“鉄の女”の死で英国の国論が二分
サッチャリズムは国民を幸福にしたか?

 4月8日、英国初の女性首相であった“鉄の女”、マーガレット・サッチャー氏が亡くなった。同氏の死に際し、有力メディアの1つは「愛情と憎しみの2つの感情を国民の間に引き起こした」と表現した。サッチャリズムによって英国経済が再生した一方、競争原理を中心にした政策で不幸になった人たちもいるということだ。

 確かに、サッチャリズムと呼ばれる経済構造改革には功罪の両面があった。1979年から90年までの11年間、サッチャー氏がリーダーとして経済構造の改革に取り組み、“英国病”と言われるほど経済低迷に苦しんでいた英国を再生したことは間違いない。その功績は決して小さくはない。

 一方、サッチャー氏が実施した改革によって、職を失ったり、生活が一段と厳しくなった人たちも多い。そうした人々にとって、“鉄の女”は決して評価に値する人ではない。それこそ、人々の生活をどん底に追いやった張本人ということになる。

 そうした状況を、英国のメディアでは、「死してなお、国を二分する」と伝えているはずだ。

 改革を実行することは、必ず「幸福になる」と感じる人と、今までのメリットを失って「不幸になる」と感じる人をつくることになる。問題は、社会の仕組みを変えることによって、長期的に幸福になる人の数が、不幸になる人の数を上回ることだ。サッチャー政権から始まった英国経済の復活を見ると、この改革が十分に価値があったと言えるはずだ。

 保守的な英国で改革を実践したサッチャー氏と、改革らしきことができないわが国の政治家を比較すれば、どちらが重要か答えは明らかだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

真壁昭夫 [信州大学教授]

1953年神奈川県生まれ。一橋大学商学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。ロンドン大学経営学部大学院卒業後、メリル・リンチ社ニューヨーク本社出向。みずほ総研主席研究員などを経て現職に。著書は「下流にならない生き方」「行動ファイナンスの実践」「はじめての金融工学」など多数。


今週のキーワード 真壁昭夫

経済・ビジネス・社会現象……。いま世の中で話題となっているトピックス、注目すべきイノベーションなどに対して、「キーワード」という視点で解説していきます。

「今週のキーワード 真壁昭夫」

⇒バックナンバー一覧