ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SEO~検索集客の最新テクニック

ヤフー検索結果が激変!!キーワード近接度で順位が変動

鈴木将司 [株式会社セミナーチャンネル代表取締役]
【第4回】 2007年11月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 Yahoo!JAPANの検索結果が変動しています。

 11月1日から、多くのサイトの順位が入れ替わったのです。

 突然、上位表示されたサイトもありますし、これまで1ページ目に表示されていたサイトが100位以下に下がったケースもたくさんあります。

今年11月のヤフー激変の特徴

 数週間にわたって分析したところ、検索結果が極端にダウンしたサイトには共通の特徴があることがわかりました。

 それは「トップページのキーワード近接度が高い」ということです。

 どういうことか、ご説明しましょう。

 ご存じの方も多いでしょうが、トップページとはウェブサイトの表紙にあたるページで、通常「index.html」というファイル名で表示されます。

 一般的なサイトは、図のように、トップページの下に複数のサブページがぶら下がる階層構造になっています。

【図】一般的なサイトの階層構造
一般的なサイトの階層構造

 そして、トップページのキーワード近接度とは、このトップページに書き込まれている目標キーワードと目標キーワードの距離がどれくらい近づいているかということです。

 例えば、あるサイトのトップページに次のような一文があったとします。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

鈴木将司 [株式会社セミナーチャンネル代表取締役]

株式会社セミナーチャンネル代表取締役、メディアネットジャパン代表。米豪にて教員を務める傍ら、1996年にホームページ制作会社を設立。帰国後、パソコンソフト大手ソースネクストのウェブマスターを経て、サーチエンジン対策や集客アップのセミナーを全国で展開。セミナー受講者は累計5000人以上。著書に『検索キーワード「超」起業術』ほか多数。


SEO~検索集客の最新テクニック

SEO(サーチエンジン最適化)のカリスマがこっそり教える、競争が激しくても上位表示させる最新テクニック。ホームページの集客はこれでバッチリ!

「SEO~検索集客の最新テクニック」

⇒バックナンバー一覧